崖っぷち起業家は、この「漫画家たち」を見習え!

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

今年で46歳になります。

子供の頃、よく読んでいたのは
「キン肉マン」「北斗の拳」「ドラゴンボール」「キャプテン翼」など、
典型的な少年ジャンプっ子だったことがわかりますね(笑)

 

さて、今日はこれらの漫画、そして作者である漫画の方から
崖っぷち起業家のあなたがにマネしてほしい、

マネするべき、「あること」についてお話しさせていただこうと思います。

 

 

 

これらの漫画に当てはまる、ある「共通点」とは?

キン肉マンとかまさにそうだと思うんです。

それは何かというと、「初期の頃は絵が雑」(笑)

誤解のないように言っておきますが、
私、キン肉マン大好きですし、

キン消しも含め、めちゃくちゃハマりました。

リスペクトもしている上で
お話ししていますが、

初期の頃の絵はひどい(笑)。

これは冒頭に挙げた漫画以外にも当てはまるかもしれません。

 

つまり、何が言いたいのかって
最初からうまくできた人なんて、いない、ということです。


まず世の中に出してみて、

いろんな人に見てもらって、いろんな人から意見をいただいて
より良いものに仕上げていく。

これがすごく大事なんじゃないかと、と思うのです。


これが、今日、崖っぷち起業家であるあなたに

お伝えしたかったことなんです。

 

なぜ、崖っぷち起業家になってしまったか、
それこそ要因は様々ありますが、

 

大きな要因の一つに、
「そもそも、世に出していない」あるいは
「一回出して、それっきり」

ということがあるんです。

 

じゃあ、どうすればいいのか。

「そもそも、世に出していない」場合、

あなたの「完璧主義」が原因であることが多いので、
ここを取っ払う必要があります。

「30点合格」あるいはもっと低い完成度でもいいかもしれません。
とにかく、一度できた時点で出してみる。

 

次に、「一度出したっきり、そのままにしてしまう」場合、
あなたの商品・サービスに「プロトタイプ」ってつけるように意識してみてください。

プロトタイプ、つまり試作品ですね。

あ、これは公につけなくてもいいですよ(笑)
あなたの頭の中でだけ、つけといてもらえれば。

 

「プロトタイプver.1」「プロトタイプver.2」「プロトタイプver.3」とか
名付ければ、ゲーム感覚で修正・改善していくのが
楽しくなりそうでしょ(笑)

 

漫画家を見習い、
ゲーム感覚で、あなたの商品・サービスを
どんどん良いものにしていってくださいね。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『最短3ヶ月で、崖っぷち起業家から脱出できる!』個別相談会(4月度残席1名様)
お申し込みはこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~