不安は「努力」で乗り越える

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

こんな状況なので、
ほぼ終日、自宅におります。

外出といえば、
日課のランニングぐらいかな。

必然的に、読書の時間が増えるわけです。
1日3〜4時間は読書してるんじゃないだろうか。

 

そして、4月に入ってから
3冊めとなるのが、

「強者の流儀」
朝倉未来(みくる)KADOKAWA

日本を代表する格闘家であり、
日本を代表するYouTuberでもある著者が
考える「強者」について、書かれた書籍なのですが、

正直ね、最初のパートは
あんまり面白くなかった・・・(汗)

後半以降に差し掛かった段階でも
数箇所、ラインを引いたところはありましたが、

正直、このまま途中で終わらせていいかなーと
思い始めた時にですね、


今日のタイトル、

不安は「努力」で乗り越える、
の一文が・・・。

 

 

思わず、「そうですよね!!」と叫んでしまいました

独立・起業したばかりの頃、
あるいは、思ったような成果が出せず、悶々としている時期、

そして、新型コロナの恐怖と戦っている、まさに今、

不安、ですよね。

 

まず、大事なことって、
自分が不安になっていることを
しっかり認めること。

特に、起業はそうだと思うのですが、
ニッチもサッチもいかなくなるのって、

この不安を正面から受け止めずに
どうにかして避けようとしちゃうからだと思うんです。

不安って、結局何かっていうと、
その正体がわからないことが一番「不安」なわけで。

まずは、正面からしっかり受け止める。

そしたら、その不安、解消するしかないじゃないですか。
そのためには、努力・行動するしかないんですよね。

 

本文はこう続いています。

必要以上の不安を感じているのだとすれば、
それはまだ努力が足りていないというシグナルなのかもしれません。

これって、
2、3人に断られただけで、
「あーあ・・・自分の商品・サービスって需要ないんじゃないか・・・」
って不安になるのが、まさにそれ。

 

いやいや、まだまだまだまだまだまだまだ
努力が足りてないだけ。

「●●と◆◆、▲▲、何からやったらいいですか??」

いや、全部やれ。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『最短3ヶ月で、崖っぷち起業家から脱出できる!』個別相談会(4月度残席3名様)
お申し込みはこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~