「そんな人、思いつきません」はやり直し!

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

今日は最初からドンドン種明かししていきますよ(笑)
【完全公開】ってやつですね(笑)

 

昨日の記事でもお伝えしましたが、
(昨日の記事はこちらです→「崖っぷち」から脱出するために、必要なお客様は何人?

昨日のお話しの最後に、
つまり、最初の一人目のお客様が
めちゃくちゃ大事ですよ、ということをお伝えさせていただきました。


そして、私のコンサルティングでは、

最初のお客様は、まずモニターでお試ししてもらって
価値を実感してもらった方を、有料クライアントにしましょう、
とお伝えさせてもらっています。

結論はですね、
誰を最初のモニタークライアントにするか?

なわけですよ。


すぐに声かけれる人じゃないと意味ないですからね。

この時に、すぐにモニターを見つけられる方は
安心なんですが、

ごく稀になんですが、
こうおっしゃる方がいるんですね。

「そんな人、自分の周りにはちょっと思いつきません・・・」と。
この状態になっちゃうとですね、
スタートダッシュかけることが難しくなっちゃんですよ。

今日は、自分の周りにモニターになってくれる人が
見つからない、という方に

その原因をお話しさせていただきますね。

 

 

結論!「夢見る妄想男」になってしまっている!

大企業でね、広告バンバン打って、
お客様を探せる状態であるならまだしも、

あなたのような、個人起業家
ましてまだ売り上げも安定していない状態であれば、

広告かけるなんて、リスクしかないわけですよ。

 

だからこそ、モニターになってもらう人は
あなたのすぐ近くにいる人でなければならないのです。


モニターになってくれそうな人が思いつかないのはですね、

あなた、「崖っぷち起業家」でもあり、
「妄想起業家」である可能性がめちゃくちゃ高い。

「妄想起業家」というのはですね、
ただ「カリスマ」や「著名人」に憧れているだけの起業家、
のことを言います。

 

●●さんは大企業を相手にコンサルティングしている、
だから、俺も・・・。

●●さんは、セレブな奥様を相手にエステしてる、
だから、私も・・・。

 

ちょっと待ちなさい!
今のあなたと、●●さんを同じ土俵で考えてどーすんの?

独立・起業してからの年数・経験も違うし、
そもそも独立する前の経歴・人脈も全く違うだろうに。

 

そもそも、
個人で起業するってことはですよ、

あなたの近くにいる誰かを救いたい!
そう思ったことがきっかけだったはず。

無理して背伸びせんでええから、
原点に戻りましょう。

 

あなたが救いたい!と思った
身近な人って、一体誰ですか?

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『最短3ヶ月で、崖っぷち起業家から脱出できる!』個別相談会(残り2名様)
お申し込みはこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~