●●コーチングスクール認定コーチが、全く稼げない理由とは?

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

まず最初にお伝えしておきますね。

今日お伝えする内容は
コーチングスクールを卑下したり、
役に立たない、と言うつもりは全くありません。


私も今からもう5年前になるのかな?

「コーチング」に出会い、「コーチングの先生」の元で
約半年間、コーチングを学ばせていただいたおかげで
人生を大逆転することができました。

今はコーチングの要素も取り入れながら
コンサルタントとして、お仕事をさせてもらっていますが、
あの時の、コーチングの学びがなければ、

そもそも、今私はこうやってブログを書くことすら
なかったと思います。

 

では、なぜわざわざ今日、このようなタイトルで
記事を書こうと思ったのか?


そして、崖っぷちコーチの中には

いまだに、●●コーチングスクール認定コーチ、と
書いてある名刺で、契約が取れない、契約が取れない、
と嘆いておられる方もいらっしゃいますので、

その方へのヒントになればと思い、
続きを読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

「自分」と言う存在はアピールすべき、ただしですね・・・

そもそもの話しなんですが、
コンサルタント、コーチ、あるいは税理士の仕事って
つまり、なんだとおもわれますか?

 

それは、お客様の「課題」「お悩み」を解決すること。
そのために、この世に存在しているわけです。

ここはね、誇りを持つべき。


もう一度いいますね。

コンサルタント、コーチ、税理士の仕事は
お客様の「課題」「お悩み」を解決すること。

もう一度・・・いや、もうやめときます。

 

では、逆の立場(お客様)から見てみることにしましょう。

お客様は、目の前の人(あなたね)が
自分をどうしてくれるのか?

自分の「課題」「お悩み」を解決してくれる人なのかどうか?
にしか興味がないんです。

 

あなたがどこのコーチングスクールで資格を取ったのか?

ごめんなさい、そんなことはどーでもいいんですよ。

 

あなたはもしかしたら
気づいてしまったかもしれませんね。

そう、お客様にしたらね、
自分の「課題」「お悩み」を解決してくれる人なら
それが、コンサルタントであろうが、コーチであろうが
税理士であろうが、関係ないんですよ。

 

名刺、SNSの自己紹介欄ありますよね?
そこにね、●●コーチングスクール認定コーチって
書くスペースがあるなら、今すぐそれを消して

「こんな課題、お悩みを解決できます!」に変えてみてください。

崖っぷちコーチから脱出できることをお約束します。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。