コンサルタント、コーチ、カウンセラー、これやってる?

From:桂裕
@京都駅のタリーズより…

 

たまには、ノウハウ的な話しもしとかないとね(笑)

「崖っぷち起業家」であるあなた、
コンサルタント、コーチ、士業、
あるいはカウンセラー、など

「無形サービス」でビジネスをされていらっしゃるかと
思います。

当然、月に1回あるいはそれ以上
クライアントさん(お客様)と面談されることが
あると思います。

そんな時、あなたは何に気をつけているでしょうか?

 

こちらが一方的に話さずに
相手の話しを最後まで聞く、

どこかのセミナーや
起業塾で聞いたことがあるかもしれません。

もちろん、これめちゃくちゃ大事ですし、
極端な話し、相手の話しを聞く、ことさえできれば
コンサルタントとして仕事をしていくことは
可能だとさえ思っています。

まあ、それぐらい人の話しを最後まで聞く、って
ことは難しいことなんですが。。。

 

ただ、何も考えずに話しを聞けばいい、
というわけではありません。

この、「話しを聞く」時に
大切なことを今日はシェアさせていただきたいと思います。

ポイントは、●●になりきる・・・。

 

 

コンサルタントであって、コンサルタントではない

何言ってんだ?と思わないでくださいね(汗)

コンサルタントなんですけど、
コンサルタントのまんま、話しを聞いちゃダメなんですよ。

どんどんワケわからなくなってきましたね(笑)

 

結論を申しますとですね、
クライアントさんの話しを聞いてる時は、

その目の前のクライアントさんの「お客さん」
なりきってほしいのです。

 

その言葉を普段使っているか?
その悩みを抱えているか?
その言葉をかけてもらえたら、買っちゃうか?
●●ってサービスを提示されたら、まず何を質問したくなるか?

 

私が普段、女性とご飯に行くのは
下心じゃないですよ、

お客様が何を考えているか?
調査です、調査(笑)

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

=======================================================================

今年中にビジネスを立て直したい「崖っぷち起業家」のための個別相談会
お申し込みはこちらから

=======================================================================