1日も早く、完璧主義から脱出する方法

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

午前中、京都のオフィスでYouTube用の動画撮影を
1時間半ほど、その後クリエイターさんと編集もろもろの
打ち合わせを。

いずれ、動画でも話そうかと思っているのですが、
私がコンサルティングさせていただく方々の中で、
なかなか行動できない!というお悩みを聞くことが
結構あります。

この「なかなか行動できない」原因って様々あるのですが、
失敗が怖いっておっしゃる方がすごく多い。

じゃあ、この失敗が怖いって
何からきているのかというと、

あなたも一度はお聞きになったことがあるでしょう。
そう、『完璧主義』ってやつからきてるんですよね。

この『完璧主義』、起業初期の頃に治療しておくと
なんてことないのですが、そのまま放っておくとですね、
なかなか厄介なんですよ。

この記事を読んでいる新米起業家のあなたには
1日でも早く、この『完璧主義』から脱出していただきたいと
思い、そのお話しをさせていただこうと思います。

 

 

人はなぜ、『完璧主義』になってしまうのか?

そもそもの原因って、独立前の会社員時代にあると思うんです。

どういうことかというと、
さっき、失敗が怖い、のが行動できない理由って
お話ししたじゃないですか?

この失敗が怖い、というのは
会社員時代に醸成されちゃってるんですよね。

怖い、というか、失敗は悪いこと、って言った方がいいのかな。

 

会社員って出世競争の中で生きてるじゃないですか。
出世するためには、普段の仕事で失敗しちゃいけないわけです。

失敗しないために、準備に準備を重ねて
より完璧な商品を作ろう、より完璧なサービスを作ろう、

会社員の時はね、これでもいいんですよ。
会社がなんとかしてくれたから。


ですが、独立して自分でビジネスをやろうと思った場合、

この完璧主義は邪魔でしかありません。

なぜならば、起業の世界では
正確であることよりも、スピードが求められるからです。

 

つまり、会社員時代と起業家では
求められるものが、真反対なんですよね。

これに気づくことができるかどうか。
起業の世界では、完璧主義は置いてかれるってことですね。

 

とはいえね、一人だとどうしても
完璧主義の罠にハマってしまうこともあると思います。

例えば、名刺のデザインとかブログの内容とか。
私が今日やってきた動画の撮影なんかもそうですよね。

スピードが大事、とはわかっちゃいるけど
なかなか進めないんだよ・・・

めっちゃわかります。

そんなあなたに最後にとっておきの方法を
お伝えして、今日の記事を締め括ろうと思います。

一人でやってるから、
いつまでも完璧主義から抜け出せないんですよ。

誰かと一緒にやってください、始めてください。

 

今回のYouTube動画もですね、
5人で始めました(笑)

しかも、撮影・編集はクリエイターにお任せしているので、
完璧かどうかは関係なく、強制的に動画がアップされるわけです(笑)

一回出しちゃえばね、そっから少しずつ完成度を上げていくだけ。

 

会社員の世界は、減点方式。
起業家の世界は、加点方式。

どっちがいい、悪い、ではありません。
無理やり、加点方式の世界に来い!
なんていうつもりもありません。

最後に一つだけ。
起業家の世界で、減点方式で生き残ることは
めちゃくちゃ難しいかも。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。