独立1年目の起業家よ! チャンスの掴み方について・・・

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

引き続き、「ジャニーズは努力が9割」より。

テレビや雑誌、最近ではインターネット動画などで、
ジャニーズタレントを見ない日はないんじゃないか?

と思うぐらい、「ジャニーズタレント」は
今や日本のエンターテイメント界には欠かせない存在になっています。

私のような、音痴で顔がデカくて、がっつり一重のオジサンには
羨ましい限りなんですが、

ジャニーズ事務所に入ろうなんて思う人は
てっきり自分で履歴書書いて、応募する人ばっかりなんだろうと
思ってたんですが、

実は実は、そんなことはなくてですね。

 

例えば、TOKIOの長瀬智也は姉が応募、
V6岡田准一は母親が応募、
Kinki Kidsの堂本剛は母と姉が応募、
堂本光一も姉、
関ジャニ∞の村上信五は友達に促されて、
(敬称略)

と、こんな感じで、実は自分で応募してないけれど、
今やジャニーズでもトップになっているタレントもいることに
気づかされます。

この事実を本で知ってですね、

あることを思ったんです。

 

独立1年目の起業家の方でね、
自分の強みがわからない、
自分を商品・サービスにするのってどーやって・・・?

とかお悩みの方、いらっしゃるかもしれません。

あなた自身は気付いてないかもしれませんが、
あなたの身近にいる人は、とっくの昔に
あなたの魅力に気づいているかもしれません。

チャンス、ってのは自分で掴むしかない、
と思われているのであれば、

決してそんなことはない、
意外や意外、身近な人が運んでくれることも
あるかもしれませんよ。


ただし、運んできてもらうための

日々の努力は怠ってはいけませんけどね。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。