独立1年目の起業家よ! 「停滞期」をどう過ごすべきか?

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

仕事にしろ、普段の生活にしろ、
人生ってのはうまくできてるもんでして。

何かというと、いい時もあれば悪い時もある。

夫婦生活も然りですね。

ずっとうまくいくなら、いいんですが、
まあ、そんなことはありえないわけで。

例えば、私が10月から取り組んでいる
パーソナルトレーニング。

始めた当初は、順調に体重も落ちて
目に見える成果が出ていたんですが、

最近、体重の減り方がちょっと鈍ってきたんです。

同じようなことは独立・起業においても
起こりえますよね。

目に見える成果が出なくなった時期、
つまり、「停滞期」にどのように向き合えばいいのか?

 

今日はそのお話しをさせていただこうと思います。

 

 

「停滞期」はあるって、前提でいること

事前準備、とでも言いましょうか。
これは決して、ネガティブな思考、というわけではありません。

あらかじめ、、いずれ「停滞期」はくるもの、と思っておけるかどうか、

すごくビジネスが順調な時、
「おおお!!この状況、一生続くに違いない!」
と楽観的すぎる思考でいるとですね、

いざ、「停滞期」になった時に、
どうすればいいのかわからなくなり、
ゲームオーバー、なんてことになる人もいるわけです。

 

ちょっと逆説的な言い方かもしれませんが、
「停滞期」があるってことは、それまでは「順調」だったわけですよね。

一度、「順調」な時期を経験しているとですね、
この「停滞期」もずっと続くわけではない、ということも
わかってくるわけです。

「おー、自分も停滞期を経験できるようになったんやー」
ぐらい、感慨深いものだと思いますよ(笑)

 

 

「何のために?」がブレていないか?

「停滞期」の拠り所って、ここだと思うんです。

あなたは、「何のために」そのビジネスをやっているのか?

「停滞期」って、後から振り返ると、
一瞬の出来事だったりするんですが、

その渦中にいると、やっぱり苦しいんですよね。

 

ちょっと精神論っぽくなっちゃいますが、
そんな状況で頼りになるのって、

「目的」だったりするわけです。

目の前の「停滞期」だけに目を奪われるのではなく、
少し「先」を見る、って感じとでも言いましょうか。

で、その「目的」って本当なのかどうか?

「停滞期」っていう強敵にも
負けないぐらいのものなのかどうか。


これは、「モチベーションが下がった」時の

対処法でもあるんですけどね。

そもそも、モチベーション上がったり、下がったりしたら
あかんのですが。

 

いかがでしたでしょうか?
今日は、誰しも経験する「停滞期」の過ごし方、に
ついてお話しさせていただきました。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。