独立1年目の起業家よ! 「自他ともに認めた」時、あなたのビジネスは・・・

From:桂裕
@京都駅のタリーズより…

 

午前中、クライアントさんとzoomでコンサルティングを
させていただいておりました。

その時、クライアントさんからある質問をいただいたんです。

今日はそのお話しをシェアさせていただこうと思います。

 

独立1年目の起業家の方にとって、
とても大事な事であり、

あなたのビジネスを飛躍させる上でも
重要なファクター(要素)だと思うのです。

 

さて、クライアントさんがされた質問とは・・・?

 

 

「ビジネスを安定させ、飛躍させるために一番必要なことって?」

桂さんはなんだと思いますか?
という質問でした。

この安定、飛躍という定義も、
その人がどのステージにいるかで変わってくると思うのですが、

独立1年目の起業家にとって、ということだと
「自他ともに認めているか?」って、
結構大事だと思います、とお答えしました。

 

どういうことか詳しくお話しさせていただきますね。

あなたが、ある分野、ある業界、あるターゲット向けに
コンサルティングサービスを始めたとしましょう。

で、そのコンサルティングサービスを
「買い手」であるお客様、
「売り手」であるあなた、

の両方から見た場合、

「買い手」であるお客様から
●●さんは、■■コンサルタントだ、と思われている、
つまり、「自他」でいうところの「他」ですね、

「他」から認められている、知られている状態、
ビジネスを安定、飛躍させるためには、

この状態でいる必要があります。


ですが、この「他」から認められているだけでは、

ビジネスを安定、飛躍させることはできません。

「自他」の「自」、つまり、あなた自身が認めている、
腹落ちしている、という状態も必要になります。

でね、ここからが肝心なんですが、
「自」と「他」、どちらから認めてもらうことが
難しいのか?って話し。

「集客」って観点で考えると、
「他」に認められることの方が難しいんじゃね?
と思われるかもしれませんね。

もっと多くの人に、自分のことを知ってもらえたら・・・。

もちろん、これも真実ではあるのですが、
実は「自」、つまりあなた自身があなたを認めることの方が
難しかったりします。

 

あなたもこんな経験ありませんか?

人からあなたの長所を褒められたり、認めてもらったりしても
素直に受け取れなかったり、「いやいや、私なんて・・・!」と
謙遜してしまったり。

あるいは、周りに人から
「今やってるビジネス、すごく可能性あるから頑張ってみな!」
と言ってもらっても、イマイチ確信が持てなかったり。

これって、まさに「他」>>「自」の状態ですよね。

 

人から認めてもらうことに髪振り乱して頑張るのではなく、
自分を認めてあげることに、時間をとってみてはいかがでしょうか?

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。