独立1年目の起業家よ! 石の上にも三年、ってあれ本当

From:桂裕
@大阪堂島のスタバより…

 

毎月第1週目の木曜日は、
主催させてもらっているNISHI-KITA(西北)朝カフェから
始まります。

今日でかれこれ36回目。
月1回のペースで開催していたので
今日で丸3年開催したことになります。

いやー、年々朝起きるのがつらくなりますね(汗)

朝が起きれなくなった、わけではありませんが、
節目の3年を迎えた今月、朝カフェは最終回とさせていただきました。

3年もやってますとね、
たくさんの方が来てくれる時もあれば、
どなたもいらっしゃらなくて、一人で読書してた時も
あります。

3年も続けるなんて、すごいですねー!と
言っていただくことがあるのですが、

独立・起業も然り、3年は何も考えずにやってみなさいよ、
と思うのです。

 

 

そういえば、昨年あたりからですね・・・

ご紹介から新規のご契約をいただく機会が増えてきたような気がします。

なんでだろ?と思ったんですが、
ふと、独立した当時、周りの先輩起業家の方々から
言われていたことを思い出したんです。

「3年は何があっても続けた方がいい」

みなさん、同じことをおっしゃっていました。

 

今、起業して4年を迎えております。
当時、先輩方がおっしゃっていた意味がようやくわかるように
なってきました。

紹介するにしても、ちゃんと続けてる人なのかどうか?

これ、めちゃくちゃ見られてます。

いますよね、会うたんびに
違うことやってる人。

で、毎回毎回、「誰か紹介して」ってお願いされるんですが、
いや、絶対紹介しないでしょ・・・。

朝カフェも一時、すごいブームになって
いろんな方が始められました。

でも、気がつけば結構やめちゃってる人がいます。
独立・起業もそう。

3年前は、フェイスブックの投稿で頻繁に見かけていたのに
最近見なくなったなあ・・・、って人いませんか?

 

もちろん、3年だけ続いたらそれでいい、
というわけではありません。

私も5年、10年と続けられる保証なんて
どこにもないですからね。

保証はありませんが、
続けていかなきゃあかん!という責任は芽生えてきています。

 

そうなんです、
この「責任」って結構重要だと思うんです。

先日の記事でもお伝えしましたが、
「覚悟」とも言い換えられるかもしれません。

「責任」「覚悟」のない人を紹介しようなんて、
誰も思いませんからね。

やっぱ3年って区切り、何か意味があるんでしょうね。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。