独立1年目の起業家よ!2500年前からあなたは応援されてますよ

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

仕事の合間に
「一億三千万人のための『論語』教室」を読んでおります。

まだ最初の100ページほどしか読んでいないのですが、
いやー、さすが孔子先生はいいこと言ってますね。

論語って、約2500年前に書かれたものらしいのですが、
当時からコーチやコンサルタントとして
独立・起業してた人っているんじゃねえの?(笑)

と思ってしまうような一節もあります。

例えばですね・・・、

 

 

子貢、君子を問う。子曰く、先ず行え。其の言は而る後にこれに従う。

この一節、どんな意味だと思いますか?

著者である、高橋源一郎さんの訳を引用させていただきますね。

 

“子貢が、知識人にとっていちばん大切なことはなにかと訊ねた。
 すると、センセイ(孔子)は、はっきりとこうおっしゃった。

 「いちばん大切なことは、なんだと思います?」

 「よく考えることだと思います。わたしたちはセンセイから立派な知識を
 たくさん教えていただいたのですから。それに恥じないようにしなければなりませんもの」

 「ちがいます。わたしの話をよく聞いていればわかるんですけどねえ。
 それは、とにかく、なんでもやってみることなんです。考えるのはあとでいいんです。
 考えるのはみんな得意なんだから、あとで十分なんです。まちがってもいいから、
 とにかく、行動に出てみる。それしかないんです」”

 


いかがでしょう?

令和の時代に、コンサルタントから「まず行動ですよ!」と
言われてもなかなかそうすることができなかったあなた、

2500年もの昔から、孔子も同じことおっしゃってますよ。

 

今も昔も、原則は変わらないってことですね。

 

孔子もこう言って応援してくれてますよ。
応えてみたくなりません?

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。