独立1年目の起業家よ! お昼休憩明けの仕事はまず●●をやろう

From:桂裕
@浅草のAPAホテルより…

 

東京に来ております。

今日は終日とあるセミナーに参加していました。
10時から始まって、午前の部は13時まで。

13時〜14時がお昼休憩になります。

休日ということもあり、
どこのお店も混んでるだろうなー、
急いで休憩いかな!

と動き出した出席者に向かって、
講師の先生がこう声をかけたのです・・・。

 

 

「午後はパワーナップからスタートします!」

パワーナップとは、「積極的な仮眠」という意味で
使われています。

つまり、お昼休憩明けはまず
「昼寝」からスタートします!ということ。


昼寝とはいっても、がっつり寝るわけではありません。

部屋の電気を全部消して、真っ暗にした状態で
20分の仮眠を取るのです。

この「パワーナップ」をより効果的なものにする
アドバイスもいただきました。

それは直前に「カフェイン」を摂取する、ということ。
コーヒーとか紅茶ですね。

直前にカフェインを摂取することで、
仮眠明けにカフェインが効いてきて、

頭がスッキリするんだそうです。

 

本や周りの人から「パワーナップ」について
見たり聞いたりしたことはあったのですが、

実際体験するのは、初めてです。

 

これまでもお昼休憩明けに
眠たくなって、15分だけ・・・のつもりが
ガッツリ寝てしまったことは何度もありますが・・・(汗)

 

で、肝心の効果ですが、
確かに20分という時間を決めて、
仮眠を取ることで、リフレッシュはできたように感じました。

外国では会社員でも、昼寝の文化もあるそうですしね。

 

生産性を高める、という目的から考えると
積極的な仮眠、「パワーナップ」は
必要なのかもしれませんね。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。