独立1年目の起業家よ! 頑張れる理由はあなたにしかわからない

From:桂裕
@ザ・ブセナテラスより…

 

引き続き、沖縄からです。
今朝は快晴。

部屋のバルコニーで、記事を書いております。
いやー、セルフイメージ上がりますね!(笑)

それでは、今日もしばし私のお話しにお付き合いくださいませ。

 

今日、お伝えすることは何も「独立・起業」に限ったことでは
ないのですが、

とりわけ、独立1年目の起業家の方が
勘違いしてしまう(勘違いさせられてしまう)ことが多いようなんです。

それは何かと言いますと・・・

 

 

頑張れる理由はなんだっていい

ということ。

これだけだと、イマイチわかりにくいと思いますので、
詳しくお話しさせていただきますね。

独立するとですね、まあ辛いことの繰り返し、なわけですよ(笑)

「●●するだけで・・・」とか「たった●●だけで・・・」とか
100%嘘ですから!

辛いことばかり起こるとですね、人間なら誰しも
落ち込むことがあるわけです。

これってすごく大事なことなので、今日お伝えすることとは
別に詳しくお話しする機会を作ろうと思います。

でね、辛いことが起こった時に、
あなたを奮い立たせてくれるものの一つに、
というか、強力なものとして、「頑張れる理由」ってあると思うんです。

 

で、この「頑張れる理由」なんですが、
独立1年目の頃って、ちょっと油断していると
他人が言ってる「頑張れる理由」であるとか、
世間的にこう言わなきゃいけない「頑張れる理由」

を考えてしまいがち。

 

ですが、これは断言させていただきたいのですが、
他人が考えてる「頑張れる理由」を無理やり自分に落とし込もうとしても、
絶対にうまくいきません。

皆それぞれビジネスの種類が違うように
頑張れる理由も人それぞれ。

ある人は
「社会を変えたい!」だろうし、

ある人は
「応援してくれる家族のため!」かもしれません。

別に
「あの服が買いたい!」でもいいわけです。

 

コンサルティングをさせてもらっていると、
よく相談される悩みに、「なかなか行動できない」というものがあります。

この悩み、すごくよくわかります。
私もそんな時期がありましたし、

今でも、ふとそんな状態に陥る瞬間が全くないわけではありません。

こんな時、私は改めて自分が「頑張れる理由」を
考える時間を取るようにしています。

 

で、この「頑張れる理由」って
起業してからの年数とか、
自分がいてるステージによって、変わってくるんですよね。

 

今、あなたがね、「なかなか行動できない」と
お悩みであれば、

もう一度改めて「頑張れる理由」というのを
考えてみてはいかがでしょうか?

 

「頑張れる理由」
定期的にメンテナンスしてみることも必要です。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。