独立1年目の起業家よ! いきなり年商1,000万円を目指してはいけない理由その3

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

一昨日、昨日に引き続き、
独立1年目の起業家が
いきなり年商1000万円を目指すと、うまくいかない理由について
お話しさせていただこうと思います。

この2日間でお伝えしたことは
まずは土台を作りましょう、

そして
いきなり頂上ではなく、まずは五合目を目指しましょう
ということでした。

改めてお聞きしたいのですが、
なぜ年商1000万円が必要なんですか?

 

 

それって他人の目標なんじゃないの?

年商1000万円、月商100万円
まあ、確かに憧れですよね(笑)

なんか、独立したからには年商1000万円ないとダメなんでしょう・・・

現実問題ね、会社員の時と違って、
どこかに出張とか何かを買うために必要な、いわゆる「経費」と
呼ばれるもの、これらは自分の財布から出す必要があります。

なので、独立したからには年商1000万円、月商100万円が必要だ、
まあ、ある意味正解だと思います。

でもですね、独立1年目からガンガン出張する必要なんてあります?
特に、コンサルタントやコーチという仕事であれば、

今はzoomを使って自宅からでもクライアントさんと話しを
することは簡単にできる時代です。

 

改めてお聞きしますね。
あなたはなぜ年商1000万円が必要なんですか?


ご家族がいらっしゃる方、

ご家族から、「お父さん!なんとしても1年目から1000万円稼いできてね!!」
なんて言われました?

あなたのビジネスを応援してくれる奥さん(もしくは旦那さん)であれば、
いきなり1000万円稼いでくれなんて思ってませんよ。

別に海外旅行に連れて行け、とも思ってないでしょうし、
毎週外食したい!とも思っていません。

 

そんなこと思ってるの、
もしかしたらあなただけなのかもしれませんよ。


ご家族の方はね、

そんな贅沢な生活、望んでいませんって。

まずは、会社員時代と変わらない生活ができたら
それで満足、なんです。

 

にもかかわらず、
自由な時間を満喫している「カリスマ起業家」を見てしまったばかりに
「あー、あんな生活しなきゃ」と勘違いして、

身の丈に合わない投資をしちゃって、ドツボにハマる・・・。

他人がどう、ではなく、
本当に年商1000万円やらなきゃあかん理由って何やろ?
と考えてみてください。

 

実は、しょーもないプライド、だったりします。
私がそうやった(笑)

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。