独立1年目の起業家よ! 食っていけない時期のアルバイトはありなのか?

From:桂裕
@大阪茶屋町のタリーズより…

 

午前中、久しぶりにお会いしたお友達(美女)と別れたあと、
梅田の紀伊國屋書店に寄ってました。
 
特に買いたい本があったわけではなかったのですが、
平積みされている、ある一冊の本に目が留まりました。

なんという本かと言いますと、

「潜入ルポ amazon帝国」横田増生著 小学館

気がついたら、レジに持っていっていました。

私がなぜ、この本を買ってしまったかと言いますと・・・、

 

 

実は、私もamazonバイト経験者

なんです(笑)

今年で起業して4年になります。
今も順風満帆というわけではありませんが、

起業したばかりのころは、もっともっと悲惨でした(涙)

当時は「コーチング」で起業したんですけど、
全く稼げない・・・

とはいえ、当時は結婚もしていたので
家族を食わせなきゃいけない(もちろん今もですけどね)、

アルバイトをするしかないわけです。

そこで求人サイトを見て、ある派遣会社に登録し
半年ぐらいかな?某所のamazon物流センターで夜勤アルバイトを
やってました。

今日は何も昔の苦労話をしよう、などとは思っていません。

独立1年目の起業家のあなたも
もしかしたら、今はご自身のビジネスだけでは食えなくて
アルバイトをしようかな、とかお考えになっている方も
もしかしたらいるんじゃないか、と思い、

当時の私の経験も踏まえて、少しお話しさせていただこうと思ったのです。

 

 

アルバイトはやってもいい、ただし・・・

コンサルタントの中には、いや!アルバイトなんてせずにビジネス頑張れ!
というアドバイスをされる方もいらっしゃるだろうと思います。

これって、正解不正解ってないと思ってまして、
私はアルバイトをすることで精神的、経済的に安心、安定するのであれば、
アルバイトすることは反対はしません。

 

ですが、以下に挙げる条件というかルールだけは
決めていただけると良いかと思います。

①アルバイトするなら夜勤にしろ
 日中はぜひご自身のビジネスのための時間に使ってください。 
 コンサルタント、コーチの方であれば、お試しセッションをやる、など。
 なぜ、日勤ではいけないのか?
 ご自身でビジネスをされるのであれば、睡眠時間削ってでも
 最初はやるべき、だと思うからです。
 それにクライアントさんと連絡取るのは、日中じゃないですか。
 日中、アルバイトしてたらクライアントさんと連絡取れないですからね。

②接客系より倉庫系
 なるべく一人になる時間を作った方がいいです。
 ビジネスアイデアとか、今のビジネスのどこが間違っているのか
 考える時間を取れるアルバイトの方がいいです。
 倉庫系だと、今はハンディ端末で作業をするので、
 あれこれ余計なこと考えなくていいんですよね。
 コンビニなどの接客系は、お客さんが来店するたんびに
 思考が寸断されます。

③アルバイトするなら、メンター(コンサル)にいてもらえ!
一人だとね、締め切りも設定しないので、
 ズルズルとアルバイト生活が続くんですよ。
 そうなると、もはや起業家ではなく、フリーター。
 当然ですが、あなたのセルフイメージもどんどん下がっていきます。
 ですので、メンターには必ずついてもらってください。

 

どうだったでしょうか?
私の経験も踏まえ、独立後のアルバイトはありか?なしか?について
お話しさせていただきました。

とはいえですよ、アルバイト辞めて
ビジネス一本でやる!と決めた方が、
収入上がることは間違い無いんですけどね。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。