独立1年目の起業家よ! 安心感を持ってもらうために何をしていますか?

From:桂裕
@京都駅のタリーズより…

 

京都のオフィスへ向かう前に
タリーズにて、昼食兼記事を書いております。

京都、という土地柄もあるのでしょうが、
店内には外国からの観光客の方々が目立ちます。

ネットで検索してみると、
平成29年度のデータにはなるのですが、

京都府の外国人宿泊客数は、約361万人で
前年の326万人を上回り、5年連続で過去最高を更新しているそうです。
(京都府観光推進課HPより)

そりゃ、どこのホテルも満室になるはずです。

何も外国人のお客さんが多いのは
タリーズだけではなくて、京都駅構内のマクドナルドも然り。

スタバなんかもおそらく同様だと思います。

タリーズ、マクド、スタバ、
外国の方にとっては、どんなメニューがあるか、
見当がつきますよね。

せっかく観光に来たんだから、日本料理も楽しみたいけど、
とはいえ、そればっかりだとちょっとな・・・。

これって私たちが外国に行った時もそうじゃありません?
現地の料理もいいけど、ちょっとした時間にお茶するなら
「指差し注文」(笑)できるところに入りたいと思いますよね。

ここなら思ったものを注文することができる、
無意識のうちに、そんな「安心感」を求めているはずなんです。

これって、何も外国に行った時だけの話しではなくて、
あなたのような個人起業家の方も、見込み客の方に対して
「安心感」を与えることって、めちゃくちゃ大事だと思ったんです。

 

 

お客様の声

なんか、まさに安心感を与えるものだと思うのですが、
意外とですね、お客様の声、いただいていない人が多いことに
びっくりします。

いつもお伝えさせていただいていますが、
「売り手」であるあなたが、常に「買い手」の目線で考えていただきたいのです。

あなたが、どこか晩御飯を食べるお店を探す時、
「ぐるなび」とか「食べログ」を使うことあるかと思います。

あるいは知り合いに聞いてみるとかもありますよね。

 

これ、なんでかっていうと
第三者の意見を参考にしたいんですよね。

お店からの情報は、そりゃいいことしか言わないもんね(笑)
お店からの情報よりも、実際にそのお店を使ったことのある人の意見、

あなたもお店を予約する際、参考にしているのではないでしょうか?

 

安心感を持ってもらう仕掛けは他にもありますよね。

「無料体験」とか「試食」「試飲」とか。
化粧品会社が最初に「無料サンプル」を配るのも、

一度使ってもらって、「安心感」を持っていただくためです。

「安心感」を持ってもらうための仕掛け、
あなたのビジネスでは何ができるか、一度考えてみてくださいね。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。