独立1年目の起業家よ! いぢられてる?

From:桂裕
@西宮北口のタリーズより…

 

東京から帰ってきました。
例によって、このまま帰宅すると爆睡するのがわかったので、
途中下車して、記事を書いております。

さて、今日のテーマ、「いぢられる」=「いじられる」

これ、私自身の今年後半から来年にかけてのテーマなんですが、
独立1年目のあなたにも、ぜひ聴いていただきたいと思いまして、

今日はこのテーマについてお話しさせていただきます。

 

 

いぢる人もおもろいけど、いぢられる人はもっとおもろい

自分で言うのもなんですが、
私って普段からジャケパンで、きちんとした身なりをしているんですよね。

 

先日も書いたかもしれませんが、
第一印象で言われるのが、「なんかすごい人そう」「できる男オーラが出まくり」
「簡単に話しかけにくい」「私なんかと話しなんてしれくれなさそう」
「なんか怖そう」

まあ、第一印象は、どっちかというと
「近寄りがたい」イメージなんです。

なので、「いぢられた」経験ってのがあまりなくてですね。

私自身は、もっといぢってよーと思ってるんですが、
「めっちゃ怒られそうやし・・・」とか言われるんですよ。

この記事を読んでくれているあなたは、
いぢられると、どんな反応をしますか?

イラっとします?
おー!おいしいな(笑)

どっちの反応でしょう?

結論から言いますと、おいしいと思わなければいけません。

 

いぢる人というのは、会話術が優れている人、
それ自身はすごいスキルだし、持っていて損はないと思います。

対して、いぢられる人というのは、
その人自身のキャラクター。


つまり、スキルに頼っていないわけです。

 

最終的にどちらの人が成果を出すことができるかというと
スキル頼みではやはり限界があるわけです。

 

というわけで、
私、いぢられるの大歓迎ですので、


明日から私とお会いする方は

ぜひいぢり倒していただけますよう、

何卒よろしくお願い致します(笑)

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。