独立1年目の起業家よ! コンサルタントの仕事とは、つまり「これ」

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

昨日のことなんですが、
京都のオフィスで、ある方とお話しさせてもらってたんです。

その方は、これまでコンサルタントについてもらったことがなくて、
自己流でビジネスをされていたんですね。

よく勘違いされることがあるのですが、
何が何でもコンサルタントをつけろ!なんて言うつもりは
全くありません。

お一人で自分のペースでやりたい!というお考えも理解できます。

 

で、その方は今後コンサルタントをつけることになるかもしれない
という前提で、ある質問を私にしてくださったのです。


この記事を読んでいただいているあなたは、

ご自身がコンサルタントで、クライアントさんを持っている

あるいは、
「著名人が教える起業塾で成果出なかったんで、
 コンサルタントなんてもうこりごり」

または、すでにコンサルタントについてもらっている

どのパターンに当てはまるか、私にはわかりませんが
いずれの立場の方にも意識していただきたいな、と思い、

今日は記事を書かせていただいております。

そのある方が、私にされた質問とはですね・・・・

 

 

コンサルタントをつけると、どんないいことがあるんですか?

ご本人の名誉のために、先に言っておきますね。
依存したいために、この質問をされたのではなく、
ただ純粋にコンサルタントとはなんぞや?

という意味で質問してくださいました。

 

この質問、されるようであんまりされたことないな、と
思ったんです。

で、改めてコンサルタントを職業とさせていただいているわけですから、
ちゃんと言語化しようと思い、しばし考えました。

 

そして、私なりに考えた答えがこちら。

「目標に向かうために、正しい方法を伝えてくれる」

ちょっと抽象度が高いので、具体的な例でお伝えさせていただきますね。

 

 

京都から東京へ移動するとした場合・・・

目標が「早く確実に東京へ移動する」であった場合、
一般的に、新幹線で移動、ですよね。

自家用機とか使えるセレブは今すぐ読むのやめろ(笑)

新幹線だと、京都から東京は2時間ぐらいですかね?

これだと日帰りもできるし、ひと月に複数回行くこともできますよね。
つまり、再現性があります。

 

これがですね、もしもあなたが徒歩あるいは自転車でしか
行く方法を知らなかったとしましょう。(自己流ですね)

確かに、徒歩や自転車でも京都から東京へ移動することは可能です。
しかし、間違いなく日帰りは無理ですよね。

かなりの日数がかかるし、疲労も相当なものになるだろうから
ひと月にそう何度も行くことは難しそうですよね。

つまり、再現性がない。

 

私も実際に経験してわかったことなんですが、
自己流で達成する「月収30万円」と

コンサルタントについてもらって達成する「月収30万円」では

同じ金額でも全く異なります。

 

自己流の」「30万円」はですね、
こんなに疲れるのか・・・、ちょっと今月同じことやれるエネルギー残ってないわ・・・
という状態。


でも、正しいやり方を教わると、

あれ?これなら今月もう一回できそう→できた!これで60万円になりますよね。

 

つまるところ、この違いがコンサルタントをつけるかつけないか、だと
思います。

 

じゃあ、なぜ「著名人が教える起業塾で成果を全く出せない人が
続出するのか?」

 

これについては、明日お話しさせていただきますね。
大丈夫ですよ、ディスったりはしません。

理路整然と、たとえ話しも交えながら
お伝えさせていただきます。


どうぞお楽しみにしていてくださいね。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。