独立1年目の起業家よ! 「体臭」とビジネスの弱点は自分ではわからぬ 

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

今日お伝えするお話しなんですが、
ある人物が登場します。

あくまで架空の人物です。
その前提で読んでいただけますと幸いです

 

 

人は鈍感な生き物である

誰の名言でもありません。

でも、何となくそんな気、しませんか?

今日、ある男性がこんな事態に襲われました。

あろうことか、とある女性に
「●●さん、ちょっと言いにくいんですけど、
 体臭が気になるんですけど・・・」

確かに、彼にも思い当たる節がありました。
数年前からの猛暑のせいもあり、
彼は日々、大量の汗をかいていました。

どれぐらいの汗かと言いますと、
自宅から最寄り駅までの徒歩5分ぐらいで
汗拭きタオル、汗拭きウェットティッシュが使い物にならなくなるぐらい。

でも、自称オシャレである彼は
自分の体臭が人様に迷惑をかけるレベルだということは
全く認識していませんでした。

むしろ、電車乗った時に、隣の人の体臭に
あからさまに嫌な顔をすることもありました。

そんな彼ですから、自分の体臭について
クレームが出たことに動揺を隠せません。


そんな彼を優しく諭すように、目の前の彼女が言いました。

「●●さん、人ってね、自分の臭いってなれちゃうもんなんですよ。
 だから、自分の体臭がピー、ピー、でピーなことには気づかないんですよ」

なるほど、これって体臭に限ったことではないですよね?
子供の頃、友達の家に遊びに行った時、友達の家の臭い、
めちゃめちゃ気になったことありませんか?

 

これってね、鼻が慣れちゃってるんですよね。

ふと、彼は思いました。
「おいおい・・・、これってビジネスがうまくいかないことも一緒なんでは?」

 

 

あなたのビジネスは「臭い」可能性があります・・・

ご自身では気づいていないかもしれませんが・・・。

「彼」の体臭を優しく諭してくれた、「彼女」のような存在。
これって、ビジネスでも絶対に必要なんじゃないかな、と思うんです。

 

ビジネスとは恋愛、である。

これも誰の名言でもありませんが、あなたもお聞きになったことあるかと
思います。

恋愛で例えるならば、
好きな異性とお付き合いできるために、
「ファッション」「おもしろトーク」「美味しいレストラン」

これらを一生懸命勉強したり、調べたりすることがあります。

そこが「弱点」だと自分で思い込んでいるから。

ですが、こういう頑張った人に限って
こう言われて、フラれてしまうことがあります。

「あっ、ちょっと体臭が無理なんで・・・」

 

以下、ご案内です。

アンチ年収1000万円起業家のための個別相談会
お申し込みはこちらから

【大阪orZOOM】9月11日(水)17時〜
【京都orZOOM】9月12日(木)15時〜
【東京orZOOM】9月20日(金)13時〜
※大阪、京都はそれぞれ駅近郊のホテルロビーラウンジにて。

 

Twitter始めました!ぜひフォローお願い致します!
https://twitter.com/empathykatsura

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。