独立1年目の起業家よ! 後輩に「なあなあ、俺のビジネスどう思う?」って聞いたらあかんよ

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

独立してすでに成果を出していらっしゃる方でも、
定期的にご自身のビジネスを見直して、

日々修正されていらっしゃいます。

それも自分一人でやるのではなく、
コンサルタントやコーチなど、外部の目を使って
客観的に見てもらっているわけです。

「人」ってのは、自分の強み・弱み、自分自身が一番わかってないですからね。

すでに成果を出している方々ですら、
これをやっているわけですから、

この記事を読んでもらっている
独立して1年目の起業家の方も
ぜひ、ご自身のビジネスを
「誰か」に見てもらうことをオススメします。

「誰か」に見てもらうことはめちゃ大事なんですが、
「この人たち」には、見てもらわない方がいいですよ、というお話しです。

特に、学生時代、部活をやっていた「体育会系」の方はご注意を・・・。

 

 

褒めるしかないですやん・・・

「この人たち」とは、後輩、ですね。
私と同年代の方であれば、学生時代はバリバリの年功序列世代。
先輩・後輩の序列は絶対的なものであり、

逆らう、なんてことは脳みその片隅にもなかったような時代です。

でね、独立1年目ってまあ、ビジネスうまくいかないですよね。
うまくいかないってことは、何かが間違っているってことなんですが、

正直、知りたいような、できれば知りたくないような
複雑な心境であることもわかります。

そんな時にですね、誰かに認めてもらいたい一心で
後輩を集めて、自分のビジネスを話しちゃう人とかいるんですよ。

 

先輩「なあなあ、今こんなビジネスやってるんやけど、どう思う?」
後輩A「いいっすね!●●先輩ならきっと順調なんでしょうね」
先輩「いやー、それがやな。実はあんまりうまくいってないのよ。
何が問題か気になるところあったら、なんでも言うてほしいねん。」
後輩B「いやっ!全然問題ないですよ。先輩のビジネスわからない奴が悪いんですよ!」
先輩「そっ、そうやんな!おっ、俺もそう思っててん。そのうち時代が追いつくよな!」

 

これでは、先輩君の自己承認欲求を満たすだけですよね、ちょっと、いやかなり虚しいですけど。。。

意気揚々と帰宅していった先輩君。

さて、残った後輩二人はどんな会話をしているか、盗み聞きしてみましょう・・・。

 

後輩A「・・・・、ぶっちゃけ先輩のビジネス、競争相手多すぎるやろ」
後輩B「そやな・・・、●●コーチ、とかイマイチ何やってる人か微妙やし」
後輩A「そういや、お前も独立したって言ってなかった?」
後輩B「うん、でも先輩の前ではよー言われへんかったわ・・・」
後輩A「そうよな・・・、おっ、後輩CからLINEや」
後輩B「なんて?」
後輩A「先輩からビジネスについて、聞かれてるって・・・」

 

独立1年目、うまくいかないことだらけだと思います。
誰かに褒めてもらいてえなー

そんな気持ちになるのもわかります。

ただ、褒めてもらうだけでは
あなたのビジネスは成長することはないでしょう。

 

褒めてくれもするけど、
あえて、あなたのために厳しいことも言ってくれる人、

そんな方に、
日々、あなたのビジネスの点検をしてもらってくださいね。

 

そして、ビジネスがうまくいって
誰かをご飯に誘えるぐらい余裕ができたら、

その時こそ、後輩を呼んであげましょう。

 

以下、ご案内です。

アンチ年収1000万円起業家のための個別相談会
お申し込みはこちらから

【大阪orZOOM】9月11日(水)17時〜
【京都orZOOM】9月12日(木)15時〜
【東京orZOOM】9月20日(金)13時〜
※大阪、京都はそれぞれ駅近郊のホテルロビーラウンジにて。

 

Twitter始めました!ぜひフォローお願い致します!
https://twitter.com/empathykatsura

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。