独立1年目の起業家よ! 独立1年目はダークサイドのパワーを使うべき

From:桂裕
@大阪梅田のタリーズより…

 

クライアントさんによく聞かれる質問があります。

どんな質問かというと、
「ビジョン、ミッションが見つからないんです・・・。 
 やっぱりビジョン、ミッションって必要ですよね?」

もちろん、ビジネスを長く続けようと思ったら、
ビジョンやミッションはあった方がいいですし、

ないままビジネスを続けようとすると、
どこかで頭打ちしちゃうんじゃないかな、とは思います。

ですが、それは独立して2年目、3年目でもよくて
独立1年目で、まだ自分のビジネスが安定していない時は、

ぶっちゃけた話し、もっと自分のことだけ考えて
ビジネスやってもいいと思うんですよね。

参考になるかどうかわかりませんが、
独立1年目に私が思っていたことを

激白(自分で言うなよ・・・)させていただきますね。

 

ダークサイドも強大なパワーを発揮する

独立1年目の私を支えていた動機、思いとは
「会社員生活最後に勤めていた会社の社長を見返してやる!」という
どす黒い動機でした。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
私は転職8回しています。

で、その8社目の会社の社長とも
半ば喧嘩別れのような形で退職するのですが・・・。

で、その時に言われたのが
「お前みたいな、自己中な人間に独立なんてできるわけがない」
という、ありがたい(笑)お言葉でした。

その瞬間、自分がダークサイドに堕ちたのがはっきりとわかりました。

このどす黒い思いが、独立1年目で全く食えなくて
夜勤でアルバイトしながら、寝不足のまんま
昼間、3000円でコーチングセッションをチビチビとやっていた
私の支えになりました。

 

私と同年代の方であれば、
映画「スター・ウォーズ」ご存知かと思います。

「ジェダイ」と「シス」 の戦いを描いた映画ですが、
主人公アナキン・スカイウォーカーはダークサイドに堕ちてしまいます。

「ジェダイ」が操るフォースの力も
「シス」が操るダークサイドのパワーも実は互角。表裏一体なんですよね。

ちょっと、話しが逸れちゃいましたね・・・。

たまに、独立1年目の方で「ミッション」「ビジョン」を
掲げていらっしゃる方がいますが、

ぶっちゃけ、それ嘘だろ!と突っ込んでます(笑)

独立1年目なんて、自分のことしか考えられないし、
それでいいと思います。

「どこどこに旅行に行きたい」
「どこどこにご飯食べに行きたい」
「●●が欲しい」

こっちの方が、よっぽど正直ですよ(笑)

正直なんですが、一点だけ注意していただきたいことがあります。

それはダークサイドに堕ちても、そこから引き上げてくれる人に
側(そば)にいてもらうこと。

なぜなら、そのままダークサイドに堕ち続けると
やっぱり長くは続けられないから。

悪はね、滅びるんですよ。

私も、独立以来ずっとメンターについてもらっているので、
ダークサイドから引き上げていただくことができました。

今は、「ジェダイ」の心でビジネスをすることができています。

独立1年目の起業家の方が
著名人が教える起業塾で成果を出すことができない理由の
一つが、実はここにあります。

つまり、「ミッション」「ビジョン」を作りましょう、
って言われるんですよね。

ですが、まだ自分のことを満足させることもできていないのに、
誰かのために、とか、社会のために、とか無理でしょう?

著名なコンサルタントの方は
ブランディング上、言いにくいことなんで誰も言いませんが、

あえて私から、その話しをさせていただきました。

独立1年目限定で、ダークサイドのパワーは使うべきです。

 

そんな、「ダークサイド」のご相談もお聞きしますよ
「アンチ年収1000万円起業家のための個別相談会」(限定3名様)
お申し込みはこちらから

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。