独立1年目の起業家の方へ 「鉄板」で売れるポジショニングはこれ!

From:桂裕
@渋谷のエクセルシオールカフェより…

 

改めて、私が普段お伝えしている
「売れっ子起業家」の定義について、
最初にお話ししておきますね。

 

独立1年目の起業家が目指すべき「売れっ子起業家」とは
年収1000万円、月収100万円を死んだような目で
髪の毛振り乱して、追い求める起業家ではなく、

まずは会社員時代と同等、少し上回る30万円〜50万円を
毎月コンスタントに売り上げる起業家のこと、を「売れっ子起業家」と
定義させてもらっています。

 

そして、そんな「売れっ子起業家」になるために
必要なものはたった一つ。

「売り込まずに売れる肩書き」である。

 

そして、その「売り込まずに売れる肩書き」を作るには
ポジショニングコンセプトをまず固めることですよ、

と普段のコンサルティングでお伝えしています。

 

今日は、そのポジショニングについての
お話しです。

自分がどんなポジショニングを取ればいいのか
さっぱりわからない、という方はぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

 

 

キーワードは「一つ手前」

ポジショニング、とは競合他社と比較した時に
あなたを選んでいただくべき理由、のことを言います。

あなたがよほどの天才でない限り、
あなたのビジネスには競合が必ず存在します。

ですが、この競合とはあなたと敵対する存在ではありません。

ここをよく勘違いされる方が多いのですが、
敵対する存在と考えてしまうと、なかなか思い浮かばないようです。

あるいは、敵対する存在=勝負して勝たなきゃいけない存在、と
相手の悪口を言ったり、などダークサイドに堕ちてしまうこともあるようです。

 

そうではなく、独立1年目の起業家が取るべき
「ポジショニング」はズバリ、一歩手前、です。

 

例えば、競合は年収1000万円の謳うコンサルタントであれば、
自分はその一歩手前の年収500万円とか年収600万円を謳う。

例えば、競合が投資で100万円利益を出そう、と謳っているのであれば
まずは30万円〜50万円を謳う。

例えば、競合が海外で自由に暮らすライフスタイルを謳っているのであれば、
まずは国内旅行で自由な時間を満喫しましょう、と謳う。

 

どの業界にも「カリスマ」と呼ばれる存在の方がいらっしゃいます。
確かに、そのようなカリスマにはみなさん憧れるんですが、

すぐに会えるとか、すぐに●●さん(カリスマね)のような
生活ができるかというと、それは難しいですよね。

 

カリスマを山の頂上に例えるならば、
あなたは中腹にある山小屋になればいいのです。

まずは、あそこを目指そう。
中腹なら、今の自分でも行けそうだ。

私の「ポジショニング」もこのやり方で作っています。


これは私の実体験なのですが、

業界のカリスマ的存在にお願いするのはついて行けるか
自信ないんですけど、ここなら大丈夫そうかなと思って・・・、

とおっしゃる方は私が想像している以上にたくさんいらっしゃいます。

 

競合=敵対する存在、ではなく
競合の一歩手前に自分がいる、

という考え方で、
あなたの「ポジショニング」を考えてみてください。

 

意外と、目の前が広がって
ビジネスが加速することがありますよ。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。