独立1年目は失敗の数だけ追いかけろ

From:桂裕
@京都のオフィスより…

 

いやいや、滝のような汗をかいております・・・。

今日はこれからコンサルティングを2件。
世間はまだまだお盆休みですが、

人が休んでいる時こそ、こうやって仕事をしたいものです(笑)

 

さて、独立1年目の起業家さんにとって、
目に見える「経済的な成果」って、

それこそ喉から手が出るほど欲しいものだと思います。

 

私が常々お伝えしている
会社員時代と同等以上の収入、

月収30万円から50万円って
一見簡単そうに聞こえますよね?

実際、会社員時代にそれぐらいの収入を
得ていた人であれば、なおさら。

ですが、ですが、
これがですね、実際に独立してみると、
めちゃくちゃ難しいことであることを
実感されているのではないでしょうか?

で、なかなか「経済的な成果」が出ない・・・
すると、どうなるかと言いますと、

売り上げを上げるための行動を取るのが
めちゃちゃ怖くなるわけですよ。

でも、独立1年目に大切なことって
すぐに「経済的な成果」を出すこと、では
なかったりするんですよね・・・。

 

こんだけ失敗した奴、他におらんやろ、と言えるまで

失敗したか、どうか。

独立1年目の起業家さんにとっては
これがめちゃくちゃ大事なことなんですよね。

いかに失敗耐性を強くできるかどうか。

失敗が続くと、メンタルやられちゃいませんか?
と心配される方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんなあなたに安心していただくために
今日は誰よりも失敗の数を増やすことによって、

あなたが受け取ることのできる
プラスのお話しをしたいと思います。

 

これは独立1年目の私もそうでしたし、
私のクライアント、そして私の周りの先輩起業家の方々も
共有しているのですが、

失敗の数を増やしていくとですね、
緊張しなくなるんですよね。

やけっぱち、というのとはちょっと違うのですが、
例えば、あなたの商品・サービスをセールスしなければいけない
状況になったとしても、脱力した状態でセールスをすることができます。

で、これ面白いもんで
脱力した状態でセールスすると、

意外とあっさり契約いただけたりします。

あなたのセールスを受けている
目の前の見込み客の方は、

あなたが思っている以上に
あなたが緊張しているかどうか、を

見抜いています。

「な、なんだ、この人。買ってもらうために眼、血走ってるやん・・・」
とか思われているわけですよ。

必死オーラが溢れすぎているんですよね。

 

あと、独立1年目の起業家にとって、
一番大事な自信を持つことができます。

なんでもいいんですよ、とにかく一番になること。

でも、契約数で一番になろうと思うと
独立1年目って大変じゃないですか。

で、あれば逆説的に考えたらいいんです。

ちょっとだけ頑張れば、
失敗した数で一番になることなんて、めちゃ簡単ですよ。

 

さて、猛暑の8月、
あなたは何で一番になりますか?

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。