「蚊」の話し

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

ここ最近もそうですし、
これから夏本番を迎えるとですね、

熱帯夜なるものが始まるわけです。
それはそれは、寝苦しい夜が続きます。

 

快適な睡眠を得ようと思い、
ついついクーラーなんかに頼ってしまうんですが、

 

クーラー、めちゃくちゃ体だるくなっちゃうんですよね。
体も冷やすし、あまりオススメではありません。

で、部屋の窓を少し開けて
寝ちゃったりするんですが、

 

そんな時、「奴」が部屋に入ってくるんですよね・・・(笑)

 

 

耳元でブンブン音を立てる、あいつ

そう、「蚊」です、蚊(笑)

夜中、耳元でブンブン飛ぶ音で
目が覚めてしまった経験、

一度や二度ではないはず。

 

そのまま放置しておくと、
体中を刺されてしまって、痒くて痒くて

これまた寝れなくなってしまいます。

 

こんな時、あなたもやってしまったことがあるはずです。
耳元で飛んでいるであろう蚊を退治しようと、

思いっきり自分の耳を叩いてしまったこと(笑)

 

当たり前ですが、多くの場合、
自分の耳をただ叩いてしまっただけで、

何事もなかったかのように
蚊はあなたの耳元にも戻ってきますよね。

暗闇の中で、むやみやたらに
耳を叩きまくる。

 

そんなことをしていては
蚊を退治できないことは、誰が考えても
わかりますよね。

でも、独立1年目の起業家の方で
これと同じことをやらかしている方、

意外と多いんじゃないかと思ったんです。

 

 

退治する方法はこれだろ

当たり前なんですが、部屋の灯りをつけて、
蚊がどこを飛んでいるか、しばらく見ていたらいいんですよね。

そのうち、またあなたの美味しい血を吸ってやろうと
蚊はあなたの体のどこに止まるでしょう。

そのタイミングで、パチン!とすれば
簡単に退治できるわけです。

 

独立まもない頃って
まあ、うまくいかないわけですよ。

でも、これってうまくいかないことが
問題ではありません。

 

一番の問題は
なぜうまくいかないのか

部屋の灯りをつけずに
暗闇の中で、むやみやたらと
いろんな方法を試してしまうこと。

やれFacebookだ、アメブロだ、メルマガだ
インスタだ、LINEだ、と。

暗闇で自分の耳叩きすぎ(笑)

一度、落ち着いて
部屋の灯りをつけて、

 

蚊(うまくいかない問題)の動きを
観察してから、最適の方法で退治した方法が
いいと思うのですが、いかがでしょう?

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。