独立1年目の起業家は、痛気持ちいい環境で伸びる!

From:桂裕
@伊丹のタリーズより…

 

朝イチで整体へ行き、体のメンテナンスをしてきました。
腰の筋肉はかなり柔らかくなったきたようです。

次はお尻と、太もも。

新規客→2回目の来院→継続での来院
の流れが素晴らしい!という話しは、
他のコンサルタントの方々が散々されていると思いますので、

私はちょっと違う切り口でお話しさせていただきますね。

 

キーワードは「痛気持ちいい(いたきもちいい)」

 

 

痛いだけ、気持ちいいだけでもダメ

時間にして、30分ほどのメンテナンス。
で、一番効く〜と声に出してしまうのが、

太もも裏を伸ばす治療。

なんせ、パンパンに張っているので、
なかなかの負荷になるわけです。

でも治療が終わると、これがめちゃくちゃ気持ちいい。

 

今の自分にとって、「適度な負荷」なんでしょう。
例えば、自宅で一人でやろうと思ったら、
その一歩手前で抜いちゃうと思うんですよね。

かといって、ジムとかで
高負荷をかけると、テンションだだ下がりで
続けるのが嫌になってしまうと思います。

メンテナンスを終えて、
受付で会計している時に、

「おー!これって独立1年目の起業家と同じやん!」と
思ったんです。

 

どういうことかと言うと、
著名人が教える「目指せ!年収1000万円、月収100万円」講座は
ただ痛いだけ。負荷が高すぎるんですよ、独立1年目には。

 

講座に通っている間、講座卒業してからも
苦痛のイメージしか残ってないから、継続なんかするわけないし、
成果なんか出るわけないですよね。

 

じゃあ、気持ちいいだけってどんな状態かって言うと、
まあ、「我流」ですよね。

これまでの自分と変わらないペース、変わらない方法で
成果だけ出そうと思うパターン。

これも成果出るわけないですよね(笑)

安いセミナーや、書籍なんかで
情報だけ仕入れて満足している人も、ここに該当します。

 

 

年収600万円、月収50万円がちょうど「痛気持ちいい」んじゃない?

簡単に月収50万円って言ってますけど、
私、会社員時代に月収50万円もらったことないですから(笑)

 

人によって様々だと思いますが、
多くの方は会社員時代、30万円〜40万円ぐらいなんじゃないでしょうか?

しかも、1日めいっぱい働いて。

 

そう考えると、月収50万円を会社の看板ではなく、
自分の看板だけで稼ぐって、いい感じの負荷だと思うんです。

まさに「痛気持ちいい」ぐらいの負荷。

 

独立1年目の起業家の方は
「痛気持ちいい」環境で、成長するのがいいんじゃないかなーと
思った、7月スタートの月曜日。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。