年収1000万円を目指す起業塾には、●●がない

From:桂裕
@大阪梅田のタリーズより…

 

独立1年目の士業、コーチ・コンサルタント、コピーライターなどの
個人起業家の方が成果を出そうと思って、

著名人が教える起業塾に飛び込むわけですが・・・。

以前の私がそうであったように、

まあ、ほとんどの方は
思ったような成果を出すことができずに、
例えようのない挫折感と、屈辱感にまみれて、

逃げるように、著名人が教える起業塾から
去っていく・・・

ちょうど6月末なので、
年始から始まった起業塾で

そんな光景がまた繰り返されていることかと
思います。

過去の自分や
今、個別でコンサルティングさせてもらっている
クライアントさんからいろいろお聞きしている中で

独立1年目の個人起業家の方が
いきなり年収1000万円を目指そうとして、

著名人が教える起業塾で学んでも成果ができない理由について
改めてわかったことがあります。

なぜ、私のような
「月収50万円」「年収600万円」という
地味でしかない(笑)コンセプトにもかかわらず、

クライアントさんをサポートさせていただく
コンサルタントとして、ビジネスができているのか?

著名人が教える起業塾にはなくて、
私のような、凡人が教えるコンサルティングにあるもの。

一体なんだと思いますか?

 

「ここにいてもいい」と思ってもらえてるかどうか

前にもお話ししたことがあったかもしれませんが。
独立1年目の起業家の方、意外とですね
年収1000万円、月収100万円ってもうちょっと先、と
思っている方、多いんですよね。

 

1年目はもうちょい手前の目標でいいんだけど。。。
でも、そんなコンサルタント、起業塾ないから
仕方なく、著名人が教える起業塾に参加する・・・。

 

でも、そこはどんな世界かというと、
一部のガンガン成果を出す人と講師だけが盛り上がっている世界。

あー、自分はここにいちゃいけないんだ・・・

人はビジネスであれ、プライベートであれ、
自分の存在を認めてもらえる場所でこそ、

本来のチカラを発揮することができます。

 

「自分はここにいていいんだ。ちゃんと認めてもらっている」
これの状態を「心理的安全性」と言います。

この「心理的安全性」があるかどうか、
最新のノウハウ、テクニックよりもなによりも

 

これが一番大事なんです。

 

来週になったら、
2019年も後半戦が始まりますね。

 

まだ、「心理的安全性」のない環境で
無駄な学び、続けますか?

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。