みんなやってることは一緒なんですが・・・

From:桂裕
@大森のタリーズより…

 

あなたの周りにも、ガンガン成果を出されていらっしゃる方
いますよね?

圧倒的な成果を出されている人を
目の前にするとですね、

あー、もう自分とは住んでる次元が違うんだ・・・とか
何か特別なことやってんじゃ?とかついつい思ってしまうんですが。

 

なんで、こう思っちゃうかというと、
何か特別なことやってくれてる方が、

できない自分に対して、言い訳ができるから、
なんですよね。

 

まあ、自戒も込めてなんですが、
何もね、特別なことなんてしてないんですよ、
あの人たちは。

それこそ、体験セッションとか
無料相談とか、FAXDMとか。

あ、それなら自分もやってるな・・・
なのに・・・なのに・・・、なぜ?

 

今日はその疑問にお答えしたいと思います。
コツコツ成果を出している人と、そうでない人の違いは
めちゃくちゃ些細なことでした。

 

でも、これをやっているかどうか、で
決定的な差になってしまうんです。

 

 

いかに早く、そしてうまくいくまで修正するか?

だったんです。
コツコツ成果を出し続ける人とそうでない人の違い。

んなこたあ、わかっとるわい!
と思われましたか?

 

でもね、突き詰めると
ここをひたすら追求しているかどうか?だと
思ったんです。

 

それこそ、あ、これマズイな、という判断するスピードも早い。
この判断が早いってことは、当然ですが修正するのも早いわけです。

そこにはですね、うまくいってないことが
バレるのが格好悪い、とか変なプライドは一切ないわけですよ。

そこに変なプライドないのは
なんでなんだろう?と少し突っ込んで調べてみました。

 

で、わかったんです。
例えば、「個別相談」を例でお話しすると、
この「個別相談」、まあ計画通りにはいかないだろうな、
といい意味で覚悟してるんですよね。


なので、いざうまくいかなかった時の

修正案がすぐに出てくるんですよ。

これが、もし「個別相談」、完璧だわ。
うまくいかないわけないわ、と油断しているとですね、

いざうまくいかなかった時に、思考停止状態に
なってしまうんですよ・・・。

 

今、あなたのビジネスで
思った通りにいってないけど、
放ったらかしにしてることないですか?

私はありました(汗)

「差」は特別なことでもなんでもありませんでした。

 

修正しているかどうか?

 

たったそれだけ。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。