子供がなりたい職業、第1位になればいいなあ

From:桂裕
@品川インターシティーのタリーズより…

 

今日もコンサルティングをさせていただいております。
19時から今週最後のコンサルティング。

 

おかげさまで独立して4年目に入っております。
最初の半年ぐらいはコーチ(自称ですが・・・)でしたが、

 

その後、コンサルタント(自称でしょ、と言われればそれまでだが・・・)と
として、仕事をさせていただいております。

 

コンサルタント、と聞いてどんなイメージを持たれますか?
ちなみに会社員時代の私は、コンサルタント
=怪しい、指示するだけ、責任は取らない、ボッタクリ、偉そう、とにかく怪しい

と、悪の権化のようなイメージしか持っていませんでした。

 

まだまだ、世間ではそんなイメージを持っている人が
いるかもしれないし、コンサルタントになりたいけど、
そんな目で見られるんじゃないか・・・と心配になり、なかなかコンサルタントへの
一歩を踏み出せない人もいるかもしれません。

 

が、そんな心配をしている人に、声を大にして言いたいのです。
それは・・・

 

 

コンサルタントになろうぜ!!!

なろうぜ!

 

人に何かを教えた経験なんてないから・・・
コンサルタント、とは人に何かを教える仕事なんでしょうか?

 

会社員時代にすごい実績を残したわけじゃないし・・・
いらん、いらん。

 

むしろ、どん底の実績ある人の方がネタになりますよ。
なんせ、私、転職8回してるし、

会社員時代に管理職から一般社員への降格、2回経験してるし
(しかも、違う会社で)

 

「エリート会社員」とは、ここまで正反対にできる?と言われるぐらい
ダメな会社員でした。

 

そんな人間でもですよ、一人、また一人とクラインアントさんが
増え、一応コンサルタントとして、周りの人には覚えてもらえるようになるわけです。

 

そんな私の元に集まってくれるクライアントさんも
みなさん、どん底を経験されている方が多い(笑)

 

コンサルタントが偉くて、クライアントさんはただ言うことを聞いとけ!
なんてこともなく、

 

クライアントさんが実現したい目標に向けて、伴走するサポーターのような存在。

 

それが、コンサルタントだと思うのです。

 

楽に、すぐに稼げますよ!なんて言うつもりは毛頭ございません。
むしろ、競争が激化する一方じゃなかろうか。

 

それでも、あえて言います。

 

コンサルタントになろうぜ!

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。