それって、お客さんを迷わせてません?

From:桂裕
@羽田空港搭乗ロビーより…

 

東京最終日、朝からクライアントさんとのコンサルティングをさせていただいておりました。
午前中のホテルから、午後は別のホテルへ移動。

品川でコンサルティングさせていただく際は、いつもこちらのホテルを使っています。
いつもは気がつかなかったのですが、案内されたテーブルの上に何やら「ある物」が置いてありました。

「ご注文の際はこちらをお使いください」
ラウンジのスタッフがそう言い残し、立ち去っていきました。

さて、注文しようと思い、その「ある物」を使おうとした時のことです・・・

 

迷って迷って・・・

その「ある物」とは立方体の装置のようなものでした。
各面にそれぞれ「呼び出し」「メニュー」「お水」「コーヒー」「片付け」と
書かれています。

説明書きには、ご要望の面を表にして倒してください、とあります。

どういうシステムなのか詳しいことはわかりませんが、信号のようなもので
スタッフの腕にはめているリストバンドに、その情報が飛ぶようになっているようです。

私のようなアラフィフのコヤジはですね、こう思ったわけです。
「呼び出し」だけでええんちゃうの・・・?と。

お前がアナログ人間なだけやろ!というツッコミは受け入れますよ。
でも、良かれと思ったこの「注文装置」(仮称)なんですが、

返ってお客さんを混乱させてしまってやしないかね?と思ったわけです。

事前にお客様の要望、例えば「水が欲しい」などがわかっていれば、
迅速なサービスが可能、だと考えてのことだと思います。

でもね、でもね、品川のまあ有名なホテルのロビーラウンジですよ?
お客様が「お水」と注文する前に、コップの水が少なくなってきたら気づくよね?
というか、気づいてよ・・・と思いませんか?

実際、午後の5時間ほどいましたが、「お水」の出番はなく、
スタッフが空になったコップに気づいて、入れてくれましたし。

 

何でもできます!って言ってやしませんか?

独立したばかりの起業家さんと名刺交換をすると、サービスがいろいろ書かれている場合があります。
あれもできます、これでもできます。お問い合わせはこちらまで、みたいな名刺ね(笑)

でもね、こんな名刺をもらった方は、結局この人に何を問い合わせたらいいのか
迷ってしまうんですよ。で、その名刺は名刺フォルダーにそっと閉じられるか、
下手すりゃ、ゴミ箱行き。

独立1年目で、何の実績もないので何でもやります!という思いになるのは
わかります。

でも、何でもできます!は逆を言えば、何もできません!と言ってることと同じ、
だというのは、あなたも聞いたことがあるでしょう。

あなたの名刺の肩書き、ホームページのサービス説明、
良かれと思ってやっていること、

実はお客様を迷わせているだけかも。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転職8回の元しくじり会社員がお届けする 
「しくじらない起業」メルマガ

ご登録はこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~