独立1年目は「できないこと」は気にするな

From:桂裕
@伊丹のスタバより…

 

独立1年目の士業、コーチ・コンサルタント、コピーライターなどの個人起業家の方が
著名人の教える起業塾に行っても全く成果が出ないのはなぜか?

それらの起業塾で学ぶことと言えば、「セールス」「マーケティング」
「ライティング」「ブランディング」「スピーキング」・・・。

できないことをできるようにするために、学びに行くのですが、独立1年目の方にとって、「できないこと」が多すぎる現実というのがなかなか厄介でして。。。

 

「なんもできてないな・・・俺・・・」

今から3年前、とあるノウハウ系のセミナーに参加した私はこう思ったものです。そのセミナーでは独立1年目に準備しておくべきこと、というテーマだったかと思います。3年前ですので、フェイスブックも浸透し始めていましたし、それこそやらなあかんことだらけで、途方に暮れてしまったことを覚えています。

幸い、私はそのままセミナージプシーにならずに「あり方」が最初だと学ばせていただいたことで、
「できること」だけにフォーカスできるようになりました。

独立1年目から、「セールス」だの「マーケティング」だの「ライティング」だの、次から次へと
学んでもですね、なんせできてないことだらけなので、自信を無くしてしまうだけなんですよね。

最悪なのは、「セールス」はできるし、自信あったにもかかわらず、他にできないことだらけなので、
最後の頼みの綱である「セールス」すらできないと思い込んでしまうこと。

こういう場合は、とにかく「セールス」だけを磨けばいいんですよ。

致命的な弱点でなければ、できないことには目をつむり、できることにフォーカスする。

ちょうど、今日の夕方、DAZNでJリーグ「ガンバ大阪vsヴィッセル神戸」を観戦していました。
結果は4対3でヴィッセル神戸の逆転勝利。今年のヴィッセル神戸はDFの弱さには多少目をつぶってでも
攻撃力を上げているわけです。まさに3点取られても4点取って勝つサッカー。

独立1年目の個人起業家さんも、これぐらい割り切った考えでビジネスやったほうが、
意外と上手くいくと思いますよ。

「セールス」だ、「マーケティング」だ、「ライティング」だ、なんてビジネスが安定した
2年目以降に学ぶ時間、いくらでもありますから。

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転職8回の元しくじり会社員がお届けする 
「しくじらない起業」メルマガ

ご登録はこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~