世界の中心で「ポジショニング」を叫ぶ

From:桂裕
@名古屋のマリオットホテルより…

 

著名人が教える起業塾に参加しても成果が出ない原因は、「他人と比較して自信をなくす」であったり、
「インプットが多すぎて、結局何から手をつけたらいいのかわからない」

クライアントさんにお聞きすると、このような返答をいただきます。

ということは、その逆をやれば成果は出せるわけです。
つまり・・・、「他人と比較しない」「インプットを少なくして、やることが一つにする」

それを可能にするのが、「ポジショニング」という考え方なんですが・・・。

 

 

他人と比較し続けるとね・・・

当たり前ですが、自分より先に独立した人とか、同じことをやっている有名な方、カリスマ的な方がどうしても気になってしまうわけです。これはもうしょうがない。日本人は子供の頃から受験受験、会社に入っても出世競争、と常に人と比較する中で生きてきました。

本人にそのつもりがなくても、親の影響とかも受けてしまうことがありますしね。

こと独立、起業に関して言えば、そもそも比較のしようなんてないのですがね。
だって、「コンサルタント」と言っても、全く同じ対象のお客様に全く同じ接し方・コンサルティングしている方なんていないんですよ。でも「ポジショニング」という考え方を知らないことで、ついつい比較してしまうんですよね。

自分よりもっと有名な●●さんが同じようなコンサルティングされてるしな・・・
今更、自分のいう事なんて誰も聞かないだろ・・・。

コンサル契約してもらうには、安くするしかないよね・・・。

もしかしたら、あなたもそんな状態にいらっしゃるかもしれません。
仮にあなたが月収30万円を目標にしていたとして、
価格を安くするしかない場合、例えば1万円でしか提案できなかった場合、30人のクライアントさんを
獲得しなければならなくなります。すでにお仕事されている方であれば、お気づきでしょうが、
毎月30人のクライアントさんを獲得するのって、ほぼ不可能だと思います。

一方、「ポジショニング」をきっちり固めて、コンサルフィー15万円にした場合、
同じく30万円を得ようとした場合、2人のクライアントさんでOKなわけです。

毎月10名と2名、獲得のための時間、エネルギーのかけ方も変わってきますし、何よりお一人のクライアントさんに関われる時間が全然違ってきますよね。

もしかしたら、10名の中には「うーーん、ちょっと違うな・・・」と違和感を感じるクライアントさんもいらっしゃるかもしれません。

これ、ほんと不思議なんですけど、「ポジショニング」をしっかり固めるとですね、
コンサルフィーを高額にしても、「高いですね・・・」とか「ちょっと安くしてもらえませんか・・・?」って言われなくなるんですよ。

納得のいく高単価で契約をいただけるようになれば、あなたのビジネス、プライベートはどのように変わりそうでしょうか?

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転職8回の元しくじり会社員がお届けする
「しくじらない起業」メルマガ

ご登録はこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~