私、桂が2018年読んだ本ベスト5を発表します!

From:桂裕
@伊丹の自宅より…

 

 

 

ちょっとお聞きしたいのですが、あなたは今年、何冊の本を読みましたか?
月に1冊も読書をしない、という人の割合が年々増えていると、何かの記事で読みました。

電車の中でもスマホゲームやってる人多いですもんね・・・。

ちなみに私は月8〜10冊ぐらい読みます。読書の時間をまず最初に確保しているぐらい。
あと、今年は旅行に行くことが多かったので、旅先で読書することもありました。
沖縄は台風にぶち当たりましたし・・・

というわけで、今日は2018年、私桂が読んだ本の中でベスト5をご紹介したいと思います。
ジャンルは様々ですが、このランキングでは漫画は省きました。ご了承くださいませ。

それでは発表させていただきます!

 

 

第5位 シンドローム「上・下」

「ハゲタカ」シリーズでおなじみの真山仁さん。5年ぶりの「ハゲタカ」シリーズ最新作。
この直前には、文庫本で「スパイラル」も読みました。

ハゲタカシリーズは、出たら買う、と決めているので(笑)

ちなみに、いつもは文庫本になってから買うのですが、今回初めてハードカバーを購入しました。
なぜなら、沖縄に持って行くのを決めていたから。当初は上巻だけを持って行って、旅行中に読もうと
思っていたのですが、台風で2日間ほど観光できなくなりまして・・・。
急遽、沖縄の書店で下巻も買って、読破してしまうという・・・(笑)

ハゲタカは読むたんびに、ドラマ化・映画化された時の主人公、大森南朋さんが目に浮かびますね。
新シリーズ、やってくれないかなー。

 

 

第4位 破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

いやー、久しぶりに一気読みした本です。シドニー・シェルダン以来じゃないだろうか(笑)
500パージぐらいある、なかなかボリュームのある本なんですが、一気に読めてしまいます。

一人ビジネスやってるとですね、うまくいかないことの方が圧倒的に多いわけですよ。
で、うまくいかないことが続くと、「あー、もういいか」ってついつい考えてしまうんですが、
オンデーズ再生に比べたらね、自分の失敗、うまくいかないことなんて、大したことねえなー!と
思えます。

一つの試練を乗り越えたら、すぐにそれよりも大きな試練が襲ってきて・・・。
実話なので、あたかも自分がその場にいるかのような疑似体験をすることができる1冊です。

まあ、私だったら、あんな決断はできないだろうけど・・・。

何かに挑戦したいけど、ついつい思いとどまってしまう・・・
そんな方に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。

 

 

 

第3位 現代広告の心理技術101

コンサルタントに限らず、何か商品・サービスを販売している人にとって、
見込み客、お客様の心理を理解することはとても重要。

あなたも思わず買ってしまった、というご経験あるかと思います。
あれって、心理を突かれているんですよね。

「コピーライティング」といううわべだけのテクニック、ノウハウに踊らされるのではなく、
ちゃんと心理を理解した上で書くコピー、には説得力があります。

お客様の脳みその中を理解する、これめちゃくちゃ大事なことですからね。

 

 

 

第2位 仕事を高速化する「時間割」の作り方

もう何回読み直したか、覚えていません(笑)
出版パーティーにもお邪魔させていただいた平野友朗さんの書籍です。

目から鱗、とはこういうことを言うんだ、というぐらい多くの気づきをいただきました。

いつも締め切りギリギリじゃないと行動しない私ですが、「賞賛ライン」で仕事をする、ことを
この本から学ばせていただきました。

内容を書くとネタバレになるので、あまり詳しいことは書きません(笑)
まだお読みでないなら、明日買いに行ってください!

「●●は使うな!」「■■は使うな!」「1日●%は空けておく」

ちゃんと実践しています。
表紙のコピー、「なぜ子供は時間を守れるのに大人は守れないのか?」

この質問、あなたはちゃんと答えることができますか?

 

 

 

第1位 大富豪からの手紙

今年はどちらかというと、即仕事に使えそうな本を意識して読んでいたんですが、
本田健さんの「大富豪からの手紙」はそのジャンルではありません。

「やり方」ではなく「在り方」について書かれています。

先ほども少し書きましたが、一人やってると、うまくいかないことの方が圧倒的に多い。
そんな時、ついつい周りの環境のせいにしてしまうことがあります。

景気がうんたらかんたら・・・、競合が多すぎてうんたらかんたら・・・、

そんな自分ではどうしようもないことに悩んだり、考えたりする時間があるなら
自分ができること、やらなければいけないことに時間を使うべきなのです。

自分ができることの一つに、考え方を変える、ということがあると思います。

わかりやすく、ストーリー仕立てで、考え方を学ぶことのできる本が
「大富豪からの手紙」。独立している人はもちろん、会社員の方、主婦の方
あらゆる人が読むべき1冊だと思います。

そして、なんといっても本田健さんご本人にお会いすることができたこと。
(12月10日、鳥居祐一さん主催のクリスマスパーティーにて)

私の周りでも、「大富豪からの手紙」、影響を受けた、という方がとても多かったですね。

まだお読みでない方はぜひ年末年始のお休みの読書に。

以上、2018年に読んだ本ベスト5でした!

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転職8回の元ダメリーマンがお届けする、
「読む」だけで「セルフイメージ」が「アップデート」できるメルマガ

ご登録はこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~