いいものをより高く

From:桂裕
@大阪の事務所より…

 

 

「いいものをより安く」
いつからかは覚えていませんが、こんな言葉を覚えますよね。

私のように会社員時代、営業職だった人はお客さんによく言われてたんじゃないでしょうか?

「いいものをより安く」
果たして、これは真実でしょうか?

 

コンサルタントとは「価値の提供職」

だと思うんです。

例えば、あなたの商品・サービスを実際の価値より安く提供したとしましょう。

おそらく、お客さんはたくさん来るでしょう。
他のコンサルタントより安く提供しているのであれば、なおさら。

想定の人数以上の方をコンサルティングすることになったとしましょう。

実際、クライアントを持つとわかりますが、
対面でお会いするだけが仕事ではありません。

そのための準備をしたり、フォローの時間を含めると
思っていた以上に使える時間は少なくなります。

クライアントお一人お一人に対する、価値の提供が小さくなってしまう恐れがあるのです。

 

コンサルタント、とは「価値の提供職」というセルフイメージで仕事をすることで
正々堂々と「いいものをより高く」、提供できると思うのですが、

いかがでしょうか?

 

 

今日は短めですいません!

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!