モノマネ芸人から学ぶ、売れるためのヒント

From:桂裕
@大森のホテルより…

 

 

部屋のホテルでテレビを観ていたら、「おー、これ記事にしよう」と
思い、記事を書いています。

 

何人かのモノマネ芸人が出ている番組。
まあ、あの業界も熾烈な競争ですし、一瞬だけ売れる「一発屋」が多いですよね。

テニスの大坂なおみ選手のモノマネをしている「小坂なおみ」(笑)というモノマネ芸人が
出ていました。

モノマネだけでは生活できないので、今はアルバイトもしているそうです。

 

「どうすれば売れるのか?」みたいな相談コーナーになりました。

そこで出た「小坂なおみ」が売れるためのヒントに
「おー、これは全く成果が出ていないコーチ、コンサルタントにもヒントになるんじゃないか?」
と思ったのです。

それはね・・・

 

 

足せるものはないか、考えてみる

番組内で誰だったかな?忘れましたが
「サーシャコーチに似ている人と組んで、コンビでモノマネやってみたら?」
って言ってたんですね。

ご存知ですか?サーシャコーチ。
大坂なおみ選手のコーチで、彼女が大躍進できたのはサーシャコーチのおかげ、と言われていますよね。

 

つまり、ピン(単体)で勝負できないのなら、何か足せるものはないか?と考えたわけです。

これって、コーチ・コンサルタントなどの起業家にも当てはまるんじゃないかと思うんですよね。

自分一人のコンテンツでは勝てないのであれば、誰かと組んでコンテンツを作る。
これをジョイントベンチャー、といいます。

このように二人でやることも「何かを足す」ことになりますよね。

考え方として、「何かを足す」ことも売れるようになるヒントになります。

私の例で恐縮ですが、私は独立1年目の士業・コンサルタント向けの
コンサルティングサービスをさせていただいています。

「独立1年目の士業・コンサルタント向け」だけであれば、
それこそ競合だらけなわけですよ。

私なんかよりもっと有名で、実績をあげておられるコンサルタントの方が
数えきれないぐらいいらっしゃいます。

「何かを足す」必要があるなあーと思ったので、
「目指せ!年収1000万円講座で全く成果が出なかった」を足して、

「目指せ!年収1000万円講座で全く成果が出なかった、独立1年目の士業・コンサルタント」向け
という自分が勝てる世界を見つけたわけです。

このようにポジショニングに「何かを足す」こともヒントになるのではないでしょうか?

あなたのビジネスに「何か足せるもの」がないか、
一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2019年こそ、「勝てるポジション」を見つけたいと思っているあなたへ

「成功する独立1年目起業」の秘密大公開

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~