ポドルスキーと起業して間もない起業家の共通点

■今日のお話しはサッカーに興味ない方には

ちっとも面白くないかも・・・。

ごめんなさい。

先日、長男次男と久しぶりのサッカー観戦。

うちは兵庫県民ですので、

親子でヴィッセル神戸をこよなく愛しています。

 

そのヴィッセル神戸に今夏、加入した

大物外国人がポドルスキー。

W杯優勝経験もある元ドイツ代表の選手。

 

Jリーグ発足後、タイトルを獲ったことのない

ヴィッセル神戸にいよいよ救世主が現れた!!

と、我々サポーターは歓喜し、

チーム合流を今か今かと待っていたわけです。

 

■で、先月チームに加入して、ここから

急浮上するのかと思いきや!!!

 

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、

全くチームにフィットせず、チームの調子も

一向に上向く気配が見られません・・・(泣)

まあ、11人でやるチームスポーツなので、

時間は必要なんですけどね。

 

悲しそうにピッチから去っていくポドルスキーを

見ながら、ふと思いました。

 

「あっ、起業したての頃に似てるな・・・」

 

■どういうことかと申しますと、

一人で劇的に変えようと思っても、限界があるのと

時間がかかるということ。

ポドルスキーという大物一人が加入しても

劇的に変わるわけではない。

あくまでチーム全員が協力しないといけないわけです。

起業家で例えるなら、なんでもかんでも一人で

やったらダメですよ、ということ。

苦手なこと、時間がかかりそうなことは

それを得意にしてる人にどんどん任せてしまいましょう。

 

■それともう一つ。

ちゃんと叱ってくれる人を側に置きましょう。

ポドルスキーの例で言えば、完全にチームメイトが

遠慮しちゃってる感じです。

叱るといっても、憎しみからではなく、

愛情を持って叱ってくれる人ね。

チームとして、守るべきルール、戦術があります、と。

それに反した行動をしたならば、

チームのことを考えたら、ちゃんと叱れるはず。

叱られた方もちゃんと理解できるはず。

そこに遠慮なんてしてる場合じゃない。

 

周りをうまく使うこと。

ちゃんと叱ってくれる人を見つけること。

 

ポドルスキーがこのブログを読んでくれているか

確信はありませんが(笑)

 

きっと、あなたには届くはず。

 

あ、でもポドルスキーはこんなんで終わるような

選手ではないということは信じてますからね!

今シーズン残り試合も背番号10の

レプリカユニフォームを着て応援に行きますよー!

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。