ハズレを取り除くのも成果である

1120kaidan

 

■昨日のメルマガと共通するお話しですが、周りのすごい人達を

見てしまうと、ついつい「当たり」「正解」を追っかけてしまいます。

これは起業に限ったことではないのかもしれませんね。
日常の生活でもよくあります。
同期の営業マンが自分より早く出世した。

近所の◯◯君はうちの子供より先にチームのレギュラーになった。
自分(我が家)のやり方って間違えてたのかも・・・・。
で、「当たり」を求めて、セミナー・本を探し求める果てしない旅に出る。

■スポーツの世界の例えになりますが、試合で華麗なプレイを披露する

ためには、それはそれは地味で地道な練習があってこそ。

「華麗なプレイ」=当たり を見せるためには

「地味で地道な練習」=ハズレを取り除く ことも必要なのです。
ハズレを取り除く、ことは決して失敗ではない。

上手くいかない方法を見つけることができた、という成果ですよね。

とりわけ、起業家なんて上手くいかないことが当たり前。

当たり を引くよりも、 ハズレを取り除く ことの方が圧倒的に

多く、それを地道に続けた人がちゃんと残るようになっています。
■「当たり」を見つけることよりも「ハズレを取り除いた」ことを

喜ぶようにしてみると。

毎日が喜びの連続になるような気がしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です