モテる起業家になるためのヒント

FROM:桂 裕

    ららぽーと甲子園のスタバより

 

 

■クライアントさんとのコンサルを
させていただく時、

 

商品、サービスを作る段階があります。

 

 

起業家である以上、自分の商品、サービスを
買っていただく必要がありますからね。

 

 

このサービスとは、
見込み客の「不」を解決するもの
でなければいけません。

 

「不」とはその人が抱えている
不満、不快、不安ですね。

 

これを解決するものでなければ、
お金を出してもらうことは無理なわけです。

 

 

 

じゃあ、どんな「不」があるんだろう?
と考えるわけですが、

 

ここで起業初心者
(当然、以前の私も)
の方が陥ってしまうのが、

 

この「不」を自分目線で考えてしまう、

ということ。

 

 

見込み客の「不」ではなく、
自分が思っている「不」だったり、

 

自分の見込み客の
「不」は○○に違いない、と
勝手に想像してしまうんですね。

 

 

商品作りに限らず、
起業って、恋愛と同じだと
思うんですよね。

 

 

 

あなたはある人を
めちゃくちゃ好きになりました。

 

デートに誘おうと思いますよね?

 

で、どこに行こうか?
何を食べようか?

 

デートプランを考えるわけですよ。

 

 

デートに誘う相手が
人気者でいろんな人から
デートに誘われてたりしたら、

 

デートプラン考えるのも
本気になりますよね。

 

 

絶対、このデートを成功させよう!

 

絶対に成功させるためには
どうすればいいでしょうか?

 

 

A 相手の希望は無視して
  自分の行きたいスポット、
  食べたいものを食べる

B 相手の希望を聞き出して
  100%相手の希望を叶える

 

 

さあ、どちらのデートが成功するでしょうか?

 

 

しかも、初めてのデートで失敗したら、
もう次のチャンスはない、という
状況だったら?

 

 

 

間違いなく
Bですよね。

 

相手の好きなこと(願望)を
聞いて、それを叶えてあげる
デートであれば、

 

相手はきっと
あなたのことを気に入ってくれるはず。

 

 

 

 

■起業家にとっては
見込み客=理想の恋人、であり、

 

多くのライバルではなく
自分の方に振り向いてもらう
必要があります。

 

 

そんな時、
相手の悩み、願望を
一切無視して、

 

自分には○○ができます、とか
自分は■■が好きなんで!

 

と、自分目線だけで迫ってこられたら
相手はどう思うでしょう?

 

 

あ、この人は自分のことだけで、
私のことには興味ないんだ、

 

と思われてしまうでしょう。

 

 

ではなく、
あなたの○○っていう願望、
私なら叶えられますよ。

 

 

と言ってもらえたら、
相手はあなたのことを信頼して
くれるはず。

 

 

仕事もプラベートも
いつの時代も
モテるのは、

 

相手のことを考えられる人なんですよね。

 

 

 

 

セルフイメージをアップデートするヒント

相手の願望を先に叶えてあげよう

 

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転職8回の元ダメリーマンがお届けする、
「読む」だけで
「セルフイメージ」が「アップデート」できる無料メルマガ
ご登録はこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~