セミナー後のアンケートの効果を100倍にする方法

FROM:桂 裕

    伊丹の自宅より・・・

 

 

 

■今日のお話しは、
あなたが講師、ではなく、

参加者側だったら?という視点で
読んでいただけたら幸いです。

 

 

セミナーやワークショップ、
勉強会などなど、

 

自己投資を欠かさないあなたでしたら
参加される機会が多いかと思います。

 

 

終了後にアンケートを書くこと
ありますよね?

 

 

セミナー途中で書く時間を取らせる講師の方も
いらっしゃいますが、

 

私も含めて、ほぼ大半の講師の方は
セミナー終了後、5分〜10分ぐらい
アンケートを書く時間を設けています。

 

 

 

中には、セミナーの時間がおしてしまって
ほんの数分で書かなければならないことも
ありますよね?

 

 

さて、このアンケートですが
どんな記入項目があるでしょうか?

 

5段階で評価に○をつける場合や

 

「今日のセミナーで学んだこと」
「今日からやると決めたこと」

 

といったように自由形式で
書いてもらう場合がありますよね。

 

 

 

今日、お話ししたいのは
特に自由形式で自分の意見や
決意を書いた場合のことです。

 

 

 

 

 

ここで、質問させてください。

 

 

今週もしくは直近で参加された
セミナーやワークショップで
あなたが記入したアンケート、

 

どんなことを書いたか
覚えていますか?

 

 

アンケート、もちろん書くことも
目的ではあります。

 

 

が、それだけでは本来の役割の3割ぐらいしか
発揮してないんじゃないでしょうか?

 

 

アンケートに書くぐらい言語化していること、
というのは

 

今のあなたにとって、
とても重要なことのはず。

 

にもかかわらず、
書いて終わり、

 

会場を出た瞬間

何を書いていたか
忘れてしまった・・・、

 

 

なんてもったいなさすぎます。

 

 

書いたことを覚えておいて、
セミナー会場を出た瞬間から、
意識して実行する。

 

 

これこそ、アンケートを書く
本当の役割ではないかと思うのです。

 

 

では、どうすれば
何を書いたか覚えておくことが
できるのでしょうか?

 

 

 

 

めっちゃ簡単です。

 

あなたが書いたアンケート、
写メを撮っといてください。

 

そして、その写メを
朝、晩、少しの時間でいいので
目を通して見てください。

 

できれば、直近のアンケートがいいですよね。

 

今のあなたに一番必要だと思うことを
自分で書いているわけですから。

 

 

 

セミナー資料を勝手に写メ撮ることは
NGにしている講師の方は多いと思いますが、

 

ちゃんとお願いすれば
アンケートぐらいは写メ撮っても
大丈夫だと思いますよ。

 

 

えっ?
もし、それもNGって言われたら
どうすればいいか、って?

 

 

 

その講師の方に
このブログを
読んでもらってください(笑)

 

 

 

 

 

セルフイメージをアップデートするヒント

たかがアンケート、されどアンケート

 

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!