チームで一番のちびっ子がゴールを決めることができるのは・・・

FROM:桂 裕

    伊丹の自宅より・・・

 

 

■先週末は子供のサッカーの応援に。
日焼け対策をしておくべきでした・・・(涙)

 

最近、サッカーの話題ばかりで、

しかも今日は子供の話しも絡んできます。。。

サッカーバカ、親バカのお話しですが、
どうぞお付き合いくださいませ!

 

長男、良太は現在中学2年生。

所属しているのは中学の部活のチームです。

 

 

良太のチームは学年ごとのチームではなく、
部員全員を
Aチーム(3年生中心)、 Bチーム(2年生以下)に
分けています。

 

 

おかげさまで良太はAチームで
試合に出させてもらうことが多いようです。

 

 

サッカーというスポーツの特殊な点なんですが、
良太はずば抜けて上手いわけではありません。

 

ただ、両足で蹴れるとか、
足が速いとか、特色があるんですよね。

決して、子供自慢ではありませんので・・・。

 

 

中学生になると、
プロと同じ11人制(小学校は8人制)での
試合になります。

 

両チーム合わせて22人いるわけですが、
良太はほとんどの場合、22人の中で一番のちびっ子。

 

相手の3年生で身長の高い子と並ぶと
15cmぐらい差がある時があります。

 

先週の試合もまさにそう。

 

 

15cm以上、差があったような気がします。。。

 

普通にぶつかっていったら、
間違いなく勝てるわけがありません。

 

ヘディングなんか勝負にならないし、
身体をぶつけてこられたら、あっという間に
ボールを取られてしまいます。

 

 

 

ようやく本題・・・。

 

では、そんなちびっ子の良太が
毎試合ゴールを決められるのは何故なのか・・・?

 

それは「ポジショニング」

 

背の高い子を相手にしないでいいような
ポジションを取るようにしています。

 

 

11対11のスポーツですが、広いグラウンドですから
必ず誰もいないスペースが生まれます。

 

良太はそこでボールを受けるようにしているので、
何のプレッシャーもなく、

 

ドリブルもできる、シュートもできる、パスもできる

 

そんな状態を作っているのです。

 

 

大丈夫ですよー!!
ただの子供自慢では終わりませんから(笑)

 

 

 

起業もね、「ポジショニング」なんですよ。

 

 

コーチ、コンサルタント、カウンセラーなどなど
競合相手が多いビジネスであれば、なおのこと

 

 

「ポジショニング」

 

 

わざわざ大男=実績を上げている方々
に囲まれた状態でビジネス始めても

 

ゴール=成果、を上げることは難しいですよね。

 

サッカーは11人だけ相手にすればいいですが、
起業はそういうわけにはいきません。

 

かわしてもかわしても、
次から次へと相手が出てきますよ・・・。

 

 

どうでしょうか?

 

 

今のあなたはゴール=成果に近く、
周りにライバルがいない場所に
ポジションを取れていますか?

 

 

それとも屈強な大男に囲まれて
どうすることもできず、

 

すぐにボール奪われちゃってますか・・?

 

セルフイメージをアップデートするヒント

ポジショニングが9割!!

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!