環境のチカラを借りることは恥ずかしいこと?

FROM:桂 裕

    グランビア大阪のロビーラウンジより・・・

 

■先日、参加させていただいた
お知り合い主催のセミナー。

対外的には告知をしていない

いわゆる「仲間内」だけが集まるセミナーです。

 

 

誰でもそうですが、初セミナーを経験します。

でも、「セミナー」って考えれば考えるほど

開催するハードルって高くなるんですよね。

 

 

タイトルは?中身は?集客は?

アンケートは?アフターフォローは?

これだけわからないことが揃うと
まあ、普通の人はなかなか開催できないわけです。

 

 

じゃあ、まずは「仲間」だけに来てもらって
愛のあるフィードバックをもらって、

対外的に告知するセミナーに備えよう、という
主旨で始まりました。

今回で4回目?かな。

 

 

セミナーって不思議なもので
初開催って、なかなか踏み出せないんですが、

1回開催すると、早く2回目を開催したくなるんですよね。

 

何がいいって、フィードバックも真剣そのもので
ビシビシ意見を言ってもらえるわけです。

途中で止めて、修正することもできますしね。

 

 

これ、外部の方に参加していただいている
セミナーでは、絶対にできないですからね。

 

 

よくお話しさせていただくことですが、
これも環境のチカラ、場のチカラ、を
借りているわけです。

 

セミナーをやるぞ!!という意思のチカラだけでは
瞬間的なチカラは出るのですが、

だんだんと萎んでいきますからね。

 

 

仕事だけに限らず、

ダイエット、早起き、英会話などなど
環境のチカラ、場のチカラを借りて

加速できそうなこと、まだまだありそうだと
思いませんか?

 

 

 

 

セルフイメージをアップデートするヒント

人を巻き込んでみる

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!