あなたのセミナーに参加される方はね

FROM:桂 裕

    伊丹の自宅より・・・

 

 

■あなたの商品、サービスを案内したい時、
セミナーを開催することがあると思います。

セミナーのタイトル決めて、
会場決めて、集客して・・・。

まあ、一番肝心なのって、
セミナーのコンテンツ(中身)ですよね。

多くの方は、このコンテンツ作りに
頭を悩ませているかと思います。

 

パワーポイントを使って
内容を作っていくわけですが。

特に起業したばかりの頃に
やってしまいがちな失敗というか

セミナーコンテンツあるある、なお話しを。

 

 

セミナー=何かすごいことを伝えなければいけない、
という勘違いをされている方が多いのではないでしょうか?

 

もちろん、中身スカスカは論外なんですが、
何かタメになる話しをしなきゃ、と思って、

 

名著と言われる
「7つの習慣」や「思考は現実化する」などの
書籍からひたすら引用する方がいらっしゃるのですが、

 

ここで考えていただきたいのでは、
あなたのセミナーに参加してくれる方々って、

 

あなたから聞きたいのは、そんな話しなのかどうか
ということ。

もちろん、「7つの習慣」公式ナビゲーターとかであれば、
例外ですが、

参加者の方が聞きたいのでは、
あなただからこそ話せる内容を

聞くためにセミナーにお越しいただいている、ということ。

初めてのセミナーとかだと
不安になるのはよーくわかります。

最初だし、あんまり冒険したくないから
他の人がしているような当たり障りのない
内容にしておくか・・・。

こんな風に考えてしまう気持ちも
わかるのですが、

ファン作りをしていかなければならない
起業家にとって、それで果たしてファンはできるでしょうか?

 

 

あなたのセミナーに参加される方はね、

ネットに載っているような
誰でも手に入る「すごい話し」を
聞きたいわけではありません。

あなただからこそ話せる
あなたの言葉で語られる
「あなたの話し」を聞きに来てくれてるんですよね。

すごい話しはグーグル先生に任せちゃいましょう。

セルフイメージをアップデートするヒント

「すごい話し」ではなく「あなたの話し」を
聞かせてあげよう

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!