非日常を日常にすることで

FROM:桂 裕

    伊丹の自宅より・・・

 

■「燃え尽き症候群」

 

あなたもこの言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

 

「燃え尽き症候群」とは・・・

それまで意欲を持って一つのことに没頭していた人が、
あたかも燃え尽きたかのように意欲をなくし、
社会的に適応できなくなってしまう状態のこと。

 

 

よく聞く例として、

半年間の高額講座に通っている間は意識も高くなり、

ガンガン行動するけれども、
半年間のカリキュラムが終わり、
それまでの日常に戻ると一気にやる気を失ってしまう・・・。

 

 

この場合ですと、高額講座=非日常
        普段の生活=日常、

なわけです。

 

 

「あ〜、あの半年間は何かいろいろ行動してたのにな・・・。
あの頃に戻りたいね・・・」

 

ついつい、こんなことを考えちゃってしまうのですが、

これ、セルフイメージが下がることになりますので、要注意です。

 

この場合、セルフイメージが下がらないようにするのは

どうすればいいのか?

 

 

一番のオススメは同じ講座に何度も通うこと、なんですが、
時間的、費用的に制約が出てしまうこともありますよね?

そんなあなたにピッタリな方法をお伝えしますね。

 

 

 

それは、同じ講座で学んだ仲間とできるだけ一緒にいること。

 

具体的には、ランチに行く、だったり
お茶する、ことで構いません。

 

SNSを使うのであれば、グループを作って

講座終了後も近況報告を投稿する
(これ、ある講座グループで私、実践しています。効果抜群です)

 

このようなことをしていくと、非日常であった高額講座が

いつの間にか日常になっています。

 

 

 

■非日常を日常にする例として、もう一つ。

今、月に5日〜10日ほど東京で過ごすことが
多くなってきました。

 

以前は新大阪〜品川を新幹線で移動していましたが、
最近は神戸空港〜羽田空港をスカイマークで移動しています。

新幹線は会社員の時から出張で利用していたのですが、

飛行機に乗る機会ってあまりなかったのです。

 

 

自宅から神戸空港が比較的近いこと、
費用的にもかなりお得なこと、

もあり、飛行機=日常を経験してみようと思ったのがきっかけ。

 

これ、私だけじゃないと思っているのですが(笑)、

空港って何かわからないですけど、
異常にテンション上がりませんか?

 

神戸空港のカウンターでチケット発券している時から
セルフイメージがぐんぐん上がっていくのがわかります(笑)

 

羽田空港着いたら、背筋伸びきってますし(笑)

 

以前は金銭的にちょっと・・・というときは夜行バスなんかも

利用していましたが、ダメですね。

あれは、セルフイメージが下がる一方。
本も読めないし。

 

これを読んでいるあなたが、
「●●って講座に半年通ったのに、イマイチ成果出ないな・・・」

と思っているのなら、思い切って同期のメンバーを
ランチに誘ってみましょう。

 

相手の方もきっとあなたからのお誘いを
待っていると思いますよ。

 

 

 

セルフイメージをアップデートするヒント

同期のメンバーをランチに誘ってみる

 

 

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転職8回の元ダメリーマンがお届けする、
「読む」だけで
「セルフイメージ」が「アップデート」できる無料メルマガ
ご登録はこちらから

 

転職8回の元ダメリーマンがお話しさせていただく
「人生を大逆転することができた理由」放談会
お申し込みはこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~