セルフイメージが高い=落ち込まない、ではない

FROM:桂 裕

    伊丹の自宅より・・・

 

 

 

■セルフイメージについてお話しさせていただくと
必ず聞かれることがあります。

 

 

それは・・・、

 

「セルフイメージを上げると、
落ち込むことなくなるんですか?」

 

 

この質問をされる方って、

セルフイメージを上げる=落ち込まない

 

 

もっとひどいと
セルフイメージを上げる=落ち込んじゃいけない

 

と思い込んでしまっている方が多いです。

 

 

 

昔、同じような質問をされたことを思い出します。

 

あれは3年前から?コーチの資格を取ったとき。

コーチンングしてる人=怒らない人
コーチングしている人=怒っちゃいけない人

これも大きな誤解です。

 

コーチされてる人でも当然怒る時は起こる。
人間ですから(笑)

 

怒りかたの質、
みたいなものは確かに変わるかもしれませんが・・・。

 

 

 

ちょっと、話しが逸れてしまいましたね。

 

セルフイメージを上げる=落ち込まない

セルフイメージを上げる=落ち込んではいけない

ここの考え方について、今日はお話ししてみようと思います。

 

 

 

セルフイメージを上げましょう!と聞くと
何か、今の自分よりも高いところにいる
「理想の自分」を思い描くこと、と
思われるかもしれません。

 

もちろん、それも大事なことなのですが、
私が考えるセルフイメージって、

 

ありのままの自分をちゃんと認められること、
ブレない「軸」を持つこと、

 

これもセルフイメージの持つ大事な意味だと考えています。

 

 

個人起業家なんて、日々失敗の連続だと思います。
やることなすこと、全て上手くいく!なんて人は
一人もいないんじゃないでしょうか?

 

上手くいかないことが多いと、そりゃ落ち込むことも
ありますよね。

 

今、自分はちょっと落ち込んでるな
これ、ありのままの自分をちゃんと認めていますよね?

 

これを何か頑張らないと!と勘違いしてしまって
いや、私は落ち込んでなんかいない!!

 

 

と自分に嘘をついてしまうことは
セルフイメージが低い状態なんです。

 

 

自分に嘘をついていることは、誰よりも
自分がよくわかっていますからね・・・。

 

セルフイメージを上げる、
もっというとセルフイメージが高い人、

というのは落ち込まない人ではありません。

 

落ち込みはするけど、その状態をズルズルと
引きずらない人、のことを

 

セルフイメージが高い人、というのです。

 

 

「竹」をイメージしてみてください。

 

竹って、風が吹いたり、人のチカラでググっと押しても
折れずに、しなりますよね?

 

しなるってことは、一旦受け止めているということ。

 

しなって、元に戻る。

 

 

竹こそ、セルフイメージが高い人のイメージ
そのまんまですね。

 

 

セルフイメージをアップデートするヒント

太いだけの木は折れてしまう。
細くてもしなやかな竹になろう。

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

転職8回の元ダメリーマンがお届けする、
「読む」だけで
「セルフイメージ」が「アップデート」できる無料メルマガ
ご登録はこちらから

 

転職8回の元ダメリーマンがお話しさせていただく
「人生を大逆転することができた理由」放談会
お申し込みはこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~