20対60対20、さてあなたはどこに?

■「あーー、60のところにいたのかも!!」

先日参加させていただいた講座中に
思わず唸っていました。

 

20対60対20の法則、あるいは
2:8の法則ってお聞きになったことあるかと
思います。

 

組織でもなんでも、人が集まるところでは
上位20%と下位20%、中間層の60%に分かれるという
法則ですね。

 

そして、お聞きしたお話しは
コンサルタントがクライアント候補とするのは
上位20%と、次はどこでしょう?という

 

 

お話しでした。

 

 

見込み客がたくさんいそうな
60%の層、と答えてしまうところですが、

次に注意すべきなのは下位20%。

最初はなんで?と思いましたが
講師の方の説明を聞いて納得!

 

 

 

上位20%が最優先であることは
ご理解いただけるかと思います。

成果を出すのも早いでしょうし、
何よりも「自燃性」の方々なので、
自ら気づき、どんどん成長していかれますからね。

 

 

 

「勝てる」お客様、です。

 

 

 

ではなぜ次に下位20%なのか?

理由は、切羽詰まっているから。

もう後がない状態なわけです。

上位20%と伝えるメッセージは異なってきますが、
結果に拘る層といえます。

では、絶対数が一番多い
60%の層が最後の理由とは?

ここの層にいる人というのは
現状に満足しており、上昇志向も
切羽詰まった状態でもないから。

興味深いことに、
一緒に参加されていた塾講師の方も
同じことをおっしゃっていました。

 

 

 

上位20%の
有名私学を狙っている生徒さんと

下位20%の
成績を上げなければ、どうしようもない
生徒さんは

親御さんも含めて
かなり熱が高いそうです。

中間層、テストでいうと
毎回平均点は取っている生徒、というのは
現状に満足しているので

意欲が高くならないことが多いそうです。

コンサル業をされているあなたでしたら、
クライアントさんの成果が出ない、
クライアントさんがなかなか行動してくれない、
というお悩みをお持ちかもしれません。

そんな時は、ふと
今のご自分を振り返ってみてください。

クライアントさんから見える
あなたは、もしかしたら60%の層に
いてると見えているかもしれません。

自分への戒めも込めて、
今日はそんなことを書いてみました。

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!