国語ではなく、算数で考えてみることも。

FROM:桂 裕

    東京新橋のスタバより・・・

 

「あの秀逸な質問はどこから出てくるのですか!!?」

2時間のコンサルが始まる前に、
どうしても気になっていたことをお聞きしていました。

先週の土曜日、メンター主催の勉強会があったのです。
別の用事で欠席したために、

その晩に勉強会を収録した音声を聞いていました。

勉強会に本題に入る前、
参加者からのこの1ヶ月の成果、疑問に
思ったことを質問しています。

うちのメンターはアドバイス型ではないので、
参加者からの質問に質問で返すことがあります。

ってか、それがほとんど。

音声を聞きはじめて、たったの数分後
ある質問に思わず唸ってしまいました・・・。

「ぐうううう・・・、こんな質問があったのか!!」

答えてないけど、●●さん(質問した参加者ね)
の疑問、もう解決してるじゃないか・・・。

 

■答えをお伝えする前に、
その状況を想像してもらった方がいいかもしれません。

あなたもクライアントさんにコンサルや
セッションを提供されていることと思います。

クライアントさんが考えていること
疑問に思っていることを話してもらいますよね?

つまり、「言語化」してもらっているわけです。

ですが、今の課題、疑問が明確化されている
クライアントさんって、ほんの一部ではないでしょうか?

多くのクライアントさんは、何に悩んでいるのか?
はっきりしていない、抽象度が高い状態にあるわけです。

抽象→具体化するための質問も
有効ではあるのですが、

デメリットとして、クライアントさんの中には
答えを強要されている、と受け取る方もいらっしゃいます。

そうなるとせっかく築いた信頼関係が崩壊する
危険があります。

これは、全て「国語」による答えを求めているから
なんですね。

 

「国語」による質問だけではなく、
「算数」による質問が有効な時が結構あります。

 

具体的には以下のような質問です。

理想の割合って何対何ですか?

理想を10点とすると、現状って何点ですか?

今日のコンサルが終わった時点で何点になってたらいいですか?

数値化することで、基準がはっきりするんですね。

 

多くの士業、コンサルタントの方が
クライアントさんの課題を解決しなければ!と

 

力んでしまうことがあるのですが、
クライアントさんにとっては、基準が明確に
なるだけでも、

 

コンサルティングを受ける価値を見出してくれます。

解決しなきゃ!しなきゃ!と
「国語」による質問を浴びせかけているのなら、
一度、「算数」による質問をしてみてくださいね。

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!