ライバルをギャフンと言わせるために今日からするべきこと

■動画コンテンツを作成するにあたり、
いろいろと調べています。

例えば、76,493人

これ何の人数だと思いますか?









国税庁が発表した
2016年の税理士登録者数です。

 

ちなみに
日本フランチャイズチェーン協会によると
2017年12月現在で、
コンビニ店舗数が全国で55,322店。

 

コーチやコンサルタント、
他の士業さんでもおそらく
同じぐらいに数字が出てくるのではないでしょうか?

 

コンビニの場合、対象となるのが
一般の方なので、これだけの店舗数が
あっても、何とかなります。
(まあ、それでも潰れまくってますけどね・・・)

 

家の近くにあるから、
外出先で●●が必要になった、
ついで買い、

などなど、消費者が来店する確率は
ゼロではありません。

 

ですが、我々個人起業家は「コンビニ型」
で果たして生き残ることができるでしょうか?

 

通りすがりの方が買ってくれる?

 

個人でやっている以上、品揃えも限界がありますよね。
お手頃価格で提供するのも限界があります。

 

 

■「コンビニ型」と対比されるのが
「専門店型」

我々個人起業家が目指すべきは
専門店型。

 

 

ライバルをギャフンと言わせて
あなたが1店舗しかない専門店になるために
するべきこと、

 

あなたが日本でただ一人、と
言えることは何でしょう?

 

今朝、コンサルをさせていただきた
社会保険労務士のクライアントさん、

 

先ほどと同じくデータを調べてみました。

 

 

社会保険労務士登録者数
40,907人(平成29年9月30日現在)

 

ライバルと同じことをやっていては
専門店化することはほぼ不可能でしょう。

今多くの社労士さんが
「助成金」案件を手がけていらっしゃいます。

 

もはや、「助成金」だけでは
専門店とはなりえないのです。

ですが、ここにある●●をプラスしました。

 

「元●●が教える」

 

これをプラスするだけで、
確認していませんが、
おそらく、日本でこの方だけでしょう(笑)

 

一気に
40,907人中、たった一人になることができました。

 

 

何も、すごいことで、日本でただ一人
になる必要はありません。

 

地域限定、職種限定、年齢・性別限定
日本でただ一人、になれる可能性は意外と
多くあるものです。

 

 

通りがかりの人が寄ってくれる
「コンビニ型」を続けますか?

 

 

日本でここしかない!と
言われる「専門店型」になりますか?

 

 

あなたの選択は?

 

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!