成果が出ている人に共通するセミナーの聴き方

■2016年の今頃、
独立を目前に控えた私は、

いろいろ学ばなきゃ!と思い
各地のセミナーに参加していました。

当時の私は
講師の方が話される内容を
一字一句、聞き漏らすまいと
必死でノートを取っていました。

3時間とか4時間のセミナーでも
相当なノートの量になります。

で、帰宅してノートを見直すのですが、
そこに書いてある字は殴り書きで
本人ですら、何が書いてあるのか
さっぱりわかりません。

こりゃいかん!と
同じような内容のセミナーに
また参加するわけです。

そのたんびに殴り書きのノートを
お土産に持って帰っていました・・・。

そんなある日のこと・・・、
とあるセミナーに参加していました。

いつもは前方の席で
講師の話しを一字一句メモする私ですが、

その日は会場に着いたのが遅くなったために
後方の席でセミナーを聴いていました。

セミナーが始まってしばらくすると
何人かの人たちがあることを始めたのです。

何かというと、

講師の話しはあまりメモを取っていないようなのです。

で、何か自分で気づくのでしょう、

ウンウン、と頷きながら
ご自分のパソコンを立ち上げて
何やらカチャカチャ始めるのです。

今は、その人たちが何をしていたのか
わかるようになりました。

ですが、当時の私は
セミナー参加=講師のお話を一字一句漏らさずメモ

することが目的だったので、

講師のお話しを聴いていないであろう
彼らの行動は許しがたいものでした。

■ですが、不思議なもので
一度そういう経験をすると
以降、参加するセミナーで
同じような人たちを目にするようになります。

そうなると、苛立ちよりも
この人たちは一体何をやってるんや??

という疑問、好奇心が勝ってくるのです。

休憩時間に思い切って聞いてみました。

「あの〜、パソコンでカチャカチャ何されてるんですか?」

(今思うと、ほんと失礼な奴です・・・)

「あ、あれですか。
 セミナーで聴いた内容で使えそうなものを
 すぐに実践してるんですよ」

 ???????????

全く意味がわからなかったので、

詳しく聞いてみました。

例えば、そのセミナーで

・自己紹介の時は●●から始めたらいい、とか

・メルマガのタイトルには、▲▲を入れたら読んでもらいやすい、

こういったことをすぐその場で実践するんだそうです。

ご自分のセミナー原稿、ホームページの自己紹介欄

その日、配信する予定のメルマガ

その場で修正しちゃうんだそうです。

その場で取り掛かることも
衝撃的でしたが、もっと衝撃的だったのが、

7時間、8時間のセミナーでも
「あ、今日はこれが聴きたかった」という
ポイントが聴けたら、途中で退席してくることもあるんだ、とか。

鼻血が出るぐらい興奮した私は
その方にお礼を言って、
セミナー会場を後にしようとしていました。

その時、トドメの会話があったのです。

「あ、えっと桂さん?

今後、桂さんがね、セミナー講師することが
あったとして、

二人の参加者が報告にきました。

どっちの報告聞いた方が嬉しい?

また、成果が出るのはどっちだと思う?」と。

それは、こんな報告でした。

Aさん:「桂さん、先日のセミナーはありがとうございました!
    セミナーでお聴きした内容を1つだけですけど
    実践したら、さっそく売上が上がりました!」

Bさん:「桂さん、先日のセミナーはありがとうございました!
    ちょっと汚い字ですけど、こないだのセミナー
    一字一句漏らさずに、書き写してます!」

Aさんに決まってるじゃないかーーー!

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!