失敗と書いて、●●と読む

■最近読んだ、「野村のイチロー論」より。

ノムさんこと、野村克也さんがおっしゃっていました。

さて、失敗と書いて何と読むでしょう?









ノムさん、曰く

「失敗と書いて、成長と読む」

 

人間というものは、成功したときには
どうしてうまくいったのかは、あまり考えないもの。

失敗と経験するからこそ、
「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」と原因を突き詰め、
「自分のやり方は間違っていたのだろうか?」と自省し、

「じゃあ、次はどうしよう?」と考える。

その繰り返しで、人は成長とする、と。

イチローやノムさんが住む野球の世界は
まさに「失敗のスポーツ」

世界一ヒットを打つイチローでさえも
10回中、約7回はヒットを打てないのです。

個人起業家の世界もまさにそう。

あなたの周りで、人も羨むような成果を
出されている方々は、皆さん失敗を繰り返しています。

「よーし!、今度の新商品は必ず売れるはず!
 メルマガでキャンペーンしたら、申し込み続出に違いない!」

と大々的にキャンペーンをしたものの、全く
申し込みが来なかった・・・。

なんて、話しを皆さんこれ以上ないぐらいの
笑顔でお話しされています。

一度、失敗したからといって、
「あーあ、もうやめ!」
とはならないわけです。

というか、そこでやめてしまうか
「なぜ?」」「なぜ?」「なぜ?」を繰り返して、
成長するか?

 

 

さて、あなたはどちらの起業家人生を選びますか?

 

 

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!