売れる肩書き、売れない肩書き

■起業3年以内の士業、コーチ・コンサルタントの
方々へ、低単価・スポット受注の
ビジネスモデルから
いかに脱出するか、をお伝えしています。

引き続き、肩書きについての
お話しです。

起業家は肩書きが9割、と
お伝えさせていただきました。

じゃあ、どんな肩書きでもいいのかと
いうと決してそういうことではありません。

世の中のものがそうであるように
肩書きにも、
売れる肩書きと、売れない肩書きが
あります。

今日はその違いについて。

■3秒、15秒の法則、をお聞きになったこと
ありますか?

「3秒で共感され、15秒で仕事が取れる」

つまり、3秒で何をしている人かわかってもらい、
15秒で、見込み客にとって、必要不可欠な
人であると理解してもらえる。

これこそが売れる肩書きの理想だと
考えています。

そんな刺さる肩書き、なかなかすぐには
思いつかないよ・・・、と
ビビってしまいましたか?

確かに、ポッと思い浮かぶほど簡単で
ないことは確かですが、

以前から何度もお伝えしているように
①ペルソナを具体的に決めて
②そのペルソナの悩みごとTOP3を解決する

この2点を徹底的に考えれば
それほど難しいことではありません。

「うーーーん、それでも難しいな・・・」
と思っている、あなたへ。

売れる肩書き、ってこういうものです、
というお話しをもう一つ。

それは、名刺交換をした時に
「●●さん(あなたのこと)、
この肩書き、詳しく教えてください!」

とフック(引っかかり)になるような
肩書きになっているか?

ここを考えてみてください。

「目標達成コーチ」では、
フック(引っかかり)にならなかったのです・・・(涙)

あなたの肩書き、
3秒で共感され、15秒で仕事が取れるか

あるいは

詳しく聞かせてください!

というフック(引っかかり)はあるか?

ちょっと気をつけてみてくださいね!

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!