ビジネスモデル破綻警報

■起業したばかりの頃って、

目標の月収が会社員時代と同等もしくは

30万円ぐらいを基準、目標にされて

いる方が多いのではないでしょうか?

 

コンサル型のビジネスに限らず、

商売をする上で欠かせないのが

商品メニュー。

 

売上=商品単価×購入していただいたお客様数

ですからね。

 

もし、あなたが持っている商品が

単価1万円だとしたら、どんな計算になるでしょうか?

 

30万円を売り上げようと思ったら・・・

 

30万=1万×30人

になりますよね?

ここで考えていただきたいことがあります。

毎月、新規で30人に買っていただく(契約いただく)

ためには、果たして何人の見込み客と会う

必要があるでしょうか?

 

会う人全員が買ってくれるわけではないですから、

毎月50〜60人と会い、関係性を作って

いく必要があります。

それって、毎月毎月可能でしょうか?

 

月曜から金曜まで、

もしかしたら土日も返上で

朝から晩まで交流会に駆けずり回ることに

なります。

 

で、顔を出した交流会で何が起こっているか?

同じ悩み(低単価でスポット受注)を

持った方同士が名刺交換をするわけで、

そこでは何も生まれないわけです・・・。

 

■整理しますね。

月30万円、50万円を売り上げるのに、

低単価で毎月毎月30人、50人と

契約いただくようなビジネスモデルは

破綻しています。

人数が多くなればなるほど

手間も取られますし、クレーム対応も

多くなるでしょう。

 

「あれ?こんなことするために起業したんだっけ・・・」

 

そう自問自答することになってやしませんか?

 

もし、あなたがこんなビジネスモデルに

なっているとしたら、

 

同じ30万円を手にするのに、

単価30万円×1人=30万円

変えることができたら、どうでしょう?

 

ちょっと、長くなりそうなので、
続きは明日のブログで書きますね。

 

 

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました!